手を伸ばせ、未来へ。手を伸ばせ、未来へ。

ひとつのホールドに手を伸ばす。その手は着実に、頂点へと近づく一歩になる。ひたすらに登り、上を目指す「スポーツクライミング」。私たち住友商事は日本代表オフィシャルパートナーとして若い世代のチャレンジを応援していきます。たくさんの期待を背負い、国境も、時代も、自らの限界も超えて。まだ見ぬ世界へ。新しい未来へ。挑みつづければ、どんな壁だって超えていける。

Climbing for the Future 住友商事はスポーツClimbing日本代表を応援していますClimbing for the Future 住友商事はスポーツClimbing日本代表を応援しています

Japan National TeamJapan National Team

日本代表・選手情報

Special MovieSpecial Movie

About Sports ClimbingAbout Sports Climbing

About Sports ClimbingAbout Sports Climbing

スポーツクライミングは、自然の岩場で、自身の技術と体力のみを頼りに登る冒険的挑戦“フリークライミング”にルーツを持ち、身体的な可能性を追求していく過程でスポーツ性が強調され、競技として確立されたものです。

現在国際スポーツクライミング連盟が認定する公式の競技会で行われている種目は、ロープで安全が確保された選手が12メートルを超える高さの壁に設定されたコースを登り、制限時間内での到達高度を競う種目である「リード」。高さ5メートル以下の壁に設定された複数のコースを、制限時間内にいくつ登れたかを競う種目「ボルダリング」。高さ15メートルの壁に設定された、予めホールドの配置が周知された同一条件のルートを駆け登るタイムを、コンマ数秒まで競い合う種目「スピード」。そして、「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目を一度に競い合う「コンバインド」の4つ目の種目もあります。

近年、飛躍的に競技人口が増え、現在愛好者も含め約60万人までに拡大。特にボルダリングは、趣味やエクササイズなど身近なスポーツとしても定着しています。

Schedule & ResultsSchedule & Results

  • 競技会カレンダー
  • 競技会情報 結果
  • Twitter
  • Facebook