このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2018年01月10日
住友商事株式会社

アンバトビープロジェクトにおける『サイクロンAVA』被害について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村 邦晴)は、シェリットインターナショナル(Sherritt International Corporation、本社:カナダ オンタリオ州、代表:デイビッド・パス)およびコリアリソーシズ(Korea Resources Corporation、本社:韓国 江原道、代表:キム・ヨンミン)と共にマダガスカル共和国にてアンバトビーニッケルプロジェクト(以下「本事業」)を推進しています。本事業は1月5日にマダガスカルに上陸した『サイクロンAVA』に被災しましたので、被災状況および本事業への影響について報告いたします。
 
『サイクロンAVA』は、マダガスカル東沿岸部に強風・大雨をもたらしました。本事業における関係者全員の無事が確認されましたが、プラント設備の一部が損傷しています。被害の全容については調査中ですが、既に復旧作業を開始しています。現段階での応急修繕完了は1月末を想定しており、修繕期間を通して生産を停止する見通しです。業績への影響については現在精査中です。
 
現状、被災地域および本事業の一刻も早い復旧を目指して、地域住民とともに鋭意作業中です。被災地の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ