このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2018年01月04日
住友商事株式会社

2018年社長年頭挨拶

本日、住友商事本社にて行われました、
当社社長中村邦晴による年頭挨拶を下記の通りご報告いたします。



皆さん、明けましておめでとうございます。
東京から全世界の住友商事グループの皆さんへ、新年の挨拶を申し上げます。
 
今年は、住友商事グループにとって、文字通り節目の年となります。
 
これまで一丸となって取り組んできた中期経営計画BBBO2017が終了し、4月から兵頭新社長の下、新しい中期経営計画がスタートします。秋には本社を晴海から大手町に移転します。少々気は早いですが、来年、2019年はいよいよ創立100周年です。
 
さまざまな節目となる今年は、住友商事グループが新たなステージに向けた進化と飛躍を遂げるための重要な一年になります。
 

○2018年の外部環境
 
住友商事グローバルリサーチは、2018年を、強大な経済力を有する国や軍事力の増強を進める国が、国際社会や周辺国との調和よりも自国の利益を最優先する傾向を強めることを捉えて、「剛よく柔を制す時代のはじまり」と言い表わしています。
世界的な地政学リスクの高まりは容易には緩和されない状況が続きそうです。

バブル崩壊以降の金融緩和局面が最終段階を迎えており、今後の先進国の金融引き締め状況次第で、新興国の経済への悪影響が懸念されるものの、世界経済の安定成長は今年も続く見通しです。

技術やビジネスの面では、人々の行動様式の変化や、IoTやAIによるビジネスモデルの革新はスピードを増しており、既存産業全体に大きな影響を与えています。
 
このような環境変化の中、住友商事グループが目指す、新たなステージに向けた進化と飛躍を遂げるために、4つのことを挙げたいと思います。
 

○働き方改革の継続~合言葉は「即実行」、「半分2倍」~
 
一つ目は、働き方改革の継続です。
 
昨年の年頭の挨拶では、「即実行」、「半分2倍」というキーワードを述べました。
 
これらを全社施策として推し進めたことにより、一人一人の時間の使い方や仕事の段取りと進め方の意識が変わってきたことを実感しています。
 
会社として、今年も「即実行」、「半分2倍」を合言葉に、働き方改革に繋がる施策を展開していきます。
 
例えば今年の秋に本社を新社屋に移す際に、個々人のライフスタイル、ライフステージの多様化を踏まえ、自律的かつ柔軟な働き方を実現する施策として、テレワークを導入します。
機能的なオフィス空間やICTインフラと相まって、新たな価値を創造し革新を生み出す環境を整備していきます。
 
仕事上の無駄をなくし、効率を上げ、空いた時間は新たなビジネスの開発や、発想を豊かにするための自己研鑽に使う。ワークとライフをうまくマネージすることで、心と体の健康を維持し、付加価値の高い仕事を実現する土台を作る。
こうした働き方改革は、働きがい改革でもあります。
 

○壁を越える意識~組織間連携と新たな挑戦~
 
二つ目は、壁を越える意識です。
我々は、今、変化の激しい時代を生きています。変化への適応という進化を継続しつつ、新たな挑戦を通じて飛躍せねば、あっという間に淘汰されかねません。
 
既成概念の壁を越え、失敗を恐れず、挑戦することが大切です。また、今後、産業のボーダレス化が進み、特定の産業に向き合う単独の組織では対応しきれないビジネスが増える中、組織の壁を越えた連携が、さらに必要になると強く感じています。
 
新しいビジネスの創出や、持続的で安定的な成長には組織の壁を越えた戦略とその実行が、不可欠と認識しており、それを後押しする施策を推し進めていきます。
 
今年、皆さんには、自分の所属組織以外のこと、住友商事グループの他の組織がどのような戦略でどのようなビジネスを行っており、どのような強みがあるのかを、改めて興味を持ち、少しでも広く知ろうと意識して欲しいと思います。
 
好奇心と貪欲さを持って、情報を自ら取りに行く。他の組織のプラットフォーム事業を自分の組織のビジネスに活用できないかを考える。そして、自分の組織の情報は、他の組織の役に立つに違いないと考えて、積極的に情報を発信し、提供する。
 
全員がそういう意識を持つことが、組織間連携を強化することに繋がると考えます。
 
住友商事グループは、グローバルに活動し、幅広い分野において社会との接点が多いことが強みです。
この強みに加えて、組織間連携に一層磨きをかけ、従来以上に、数多くの接点をさまざまな形に組み合わせることで、新たな価値を創造していきましょう。組織間連携は、我々の最大の強みであり、企業文化にしなくてはなりません。
 

○夢を持ち、実現に向け努力する姿勢~自己実現と組織の成長~
 
三つ目は、仕事に対する夢を持ち、実現に向け努力する姿勢です。
ここでの「夢」は、何がなんでも実現するぞという熱い想いがみなぎる、そして、いきいき、わくわくする仕事の目標に繋がるものです。
 
私の夢は、社長就任時から変わらず言い続けていますが、経営理念の実践を通じて、住友商事グループを50年、100年、そして、さらにその先へと、社会とともに持続的に安定的に成長する企業グループにすることです。
 
経営理念の冒頭に、目指すべき企業像として、「常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指します」と定めています。これは究極の企業像であり、私が常に立ち戻っている原点です。
 
まずは皆さんが、自分の夢は何か、そして、それぞれの夢を、ビジネスを通じてどのように実現していくのかを、今一度考えてみてください。
我々一人一人が、信頼する仲間とともに自分の夢を語り合い、強い気概をもって、夢の実現に向け取り組む。メンバーの志が高ければ働きがいがあり、仕事にもやりがいを感じ、明るく元気な職場になるはずです。
 
夢を実現する過程で失敗することもあるでしょう。失敗を恐れず挑戦する人が報われる企業風土を醸成します。我々一人一人が、目標に向かって織りなす努力の総和が、住友商事グループの実力を向上させていくのです。
 

○マテリアリティの実践~会社の成長と社会課題の解決~
 
四つ目はマテリアリティの実践です。
 
今、社会が抱える課題に企業が向き合い、その課題に事業活動を通じてどのように取り組んでいくかが、改めて大きく問われています。これからの企業は、企業自身の成長と社会課題の解決とを両立させていくことが必須です。
 
住友商事グループは、400年の歴史を通じて脈々と受け継がれてきた住友の事業精神と、経営理念を踏まえ、事業活動を通じて、自らの強みを生かし優先的に取り組むべきものとして、6つのマテリアリティを、昨年4月に特定しました。
 
マテリアリティに真摯に向き合い、自らの強みを生かして、一つ一つ解決していく。
 
こうした取り組みや姿勢を我々一人一人が追求し、実践できた暁には、住友商事グループは、パートナーをはじめあらゆるステークホルダーから頼られ、信頼され、品格を兼ね備えた素晴らしい会社になっていると思います。
 
最後に干支の話をしますと、今年の干支は「戊戌(つちのえ いぬ)」です。
 
これまで成長を続けてきた草木がさらに繁茂するとの意味もありますが、草木に宿る陽気をしっかり見定めて剪定しなければ、繁茂しすぎて枯れてしまう可能性も示唆します。
 
住友商事グループに当てはめて言えば、今年は、現中期経営計画のBBBO2017を完遂し、新たなステージへの進化と飛躍に向け、我々役職員の総力を結集し、新中期経営計画を遂行していく年です。その中で、聖域なく思い切って、やめるべきはやめ、変えるべきは変えていきます。決断の年、全社一丸となり躍進する一年にしていきましょう。
 
最後になりましたが、本年が、皆さんと皆さんのご家族にとって、素晴らしい一年となることを祈念して、年頭の挨拶とさせていただきます。
 
以 上

※これは、2018年1月4日に、住友商事グループ役職員向けに行われた年頭挨拶です。

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ