このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年09月04日
住友商事株式会社

ハリケーン「ハービー」被害に対する支援について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村 邦晴)は、米国南部を襲ったハリケーン「ハービー」による被害に対し、米州住友商事会社とともに15万米ドルの義援金を拠出することを決定しました。
 
被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復旧を切にお祈り申し上げます。

<参考資料>
■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」に資する事業です。

201709041329_1.png
 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ