このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年07月21日
埼玉県羽生市
住友商事株式会社

羽生市における土地区画整理事業について

~大型商業施設整備に向けた基本合意と保留地売買契約を締結~

羽生市岩瀬土地区画整理組合(所在地:埼玉県羽生市、理事長入江建夫、以下「組合」)と住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、羽生都市計画事業岩瀬土地区画整理事業南工区商業区域(以下「本区域」)において、大型商業施設の整備に向けた基本合意と保留地売買契約を締結しました。
 
本区域は、1996年に都市計画決定された「羽生都市計画事業岩瀬土地区画整理事業」(総面積:113.2ヘクタール)の一部約9.1ヘクタールであり、住友商事は本区域の一部約6.4ヘクタールに関し、羽生市岩瀬土地区画整理組合と約24億円での保留地売買契約を締結しました。また、合わせて本区域における一体的な街づくり開発に関する基本合意書を締結しました。
 
2020年夏ごろの大型商業施設開業を目指し、商業施設には、スーパーマーケット及びホームセンターの入居が決定しています。組合と住友商事は、今後相互に協力・連携を深め、本区域の魅力を高めていきます。
 
住友商事は、本区域全体の街づくりをコーディネートしていき、地域住民のより便利で快適な暮らしを実現するとともに、質の高い暮らしへのニーズにも応えていきます。一体の街づくりにより、利用者の回遊性を高め、生活に密着し手軽に利用できる環境を整えることで、地域の利用者から愛され、また大規模な面積を利用し、商業施設の集積地として広く周辺地域から足を運んでいただける商業施設を目指します。
 
■区画整備地図


 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ