このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年07月05日
東急不動産株式会社
住友商事株式会社
住友不動産株式会社

大阪 ホテル御三家の旧東洋ホテル跡地開発 梅田駅徒歩圏 御堂筋線直結 地上50階建・総戸数653戸の大規模プロジェクト 『ブランズタワー梅田North』販売開始

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村 邦晴)及び住友不動産株式会社(本社:東京都新宿区、社長:仁島 浩順)は、大阪府大阪市北区豊崎3丁目に開発中の超高層分譲マンション(50階建)「ブランズタワー梅田North(総戸数653戸)」の第一期(218戸)販売を2017年7月7日(金)より開始いたします。
 

大阪のホテル御三家 旧東洋ホテル跡地開発
  「ブランズタワー梅田North」
東洋ホテルは1969年、総入場者数6千万人以上を記録し経済大国・日本を世界に印象づけた大阪万博(1970年)の開幕を前に開業し、高度経済成長期に「ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)」「ホテルプラザ」とともに大阪の高級ホテル“御三家”の一つに数えられました。大阪屈指の名門ホテル、その記憶を受け継ぐように、「ブランズタワー梅田North」は、旧東洋ホテル跡地開発にふさわしい正統なホスピタリティを追求する迎賓思想のレジデンスとして開発しています。


201707041034_1.jpg
エントランスゲート(完成予想図)
201707041034_2.jpg
ガーデンラウンジ(完成予想図)
 
<「ブランズタワー梅田North」の主な特徴>
大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅直結、阪急電鉄「梅田」駅徒歩7分、淀屋橋や本町、心斎橋、新大阪へも10分以内でアクセスできる交通利便性
居住区として街並みが大きく変遷している中津駅周辺エリアの開発を象徴する最大規模タワーマンション
旧東洋ホテル跡地での開発にふさわしい共用部やコンシェルジュサービス
大阪市内で数多くのタワーマンションの開発実績を誇る東急不動産、住友商事、住友不動産の共同事業
 
高い交通利便性、大阪市営地下鉄御堂筋線「中津駅」直結
  大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅直結、また阪急電鉄「梅田」駅にも徒歩7分に位置し、淀屋橋や本町、心斎橋や新大阪にも大阪市営地下鉄御堂筋線で10分以内でのアクセスが可能であり、非常に交通利便性に優れています。
 
中津駅周辺エリアの開発を象徴する最大規模タワーマンション
  梅田をはじめとする大阪駅北地区は、2002年に「特定都市再生緊急整備地域」に指定されるなど、再開発計画が進んでいます。大阪都心最後の一等地と言われる「うめきた」の2期の開発プロジェクトが本格始動しており、「みどりとイノベーションの融合拠点」をテーマに街づくりが進められる予定です。その中でも「都市・居住環境整備重点地域特定地区」に位置する中津駅周辺は、駅直結であったホテルや事務所ビル跡地でのタワーマンション開発が進んでいる注目エリアです。本プロジェクトは、居住区として街並みが大きく変遷している中津駅周辺エリアの開発を象徴する最大規模のタワーマンションです。
 
旧東洋ホテル跡地開発にふさわしい共用部やコンシェルジュサービス・
3層吹抜け、天井高約10mを誇り、内装もひとつひとつにこだわった高級感あふれるグランドエントランス、ゲストを招いてのホームパーティーやミニレセプションなどに利用可能であり、都心の夜景を一望できるパーティールーム(37階)。
都心の夜景を楽しみながら24時間利用できるスカイフィットネス(37階)。本プロジェクトでは、グループ会社である東急スポーツオアシスと提携し、週2日専属トレーナーがスカイフィットネスに常駐し、日々の運動をサポートします。
24時間有人での管理体制を徹底し、ポーターサービスを導入するなど、旧東洋ホテル跡地開発にふさわしいコンシェルジュサービスを実施

201707041130_1.jpg
スカイフィットネス(完成予想図)

201707041130_2.jpg
パーティールーム(完成予想図)

201707041130_3.jpg
プライベートガーデン(完成予想図)

201707041130_4.jpg
コーチエントランス(完成予想図)
 
事業者の大阪市内での豊富な事業実績
  今回の事業者3社は大阪市内において多くのタワーマンションを手がけており、本プロジェクトは、事業者3社のこれまで積み重ねた開発ノウハウを結集したプロジェクトとなっております。東急不動産は、2012年より大阪市内でブランズタワープロジェクトを進めており、ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH(30階202戸)、ブランズタワー御堂筋本町(38階276戸)など数多くのタワーマンションを開発しております。また住友商事株式会社もクラッシィタワー淀屋橋(35階216戸)、住友不動産株式会社においてもシティタワー東梅田パークフロント(30階490戸)など数多くの開発を行っており、大阪市内にこれまで十数棟のタワーマンションを手がけております。
 
第一期販売概要
  【登録受付期間】 2017年7月7日(金)~2017年7月14日(金)
  【販売戸数】 218戸(総戸数653戸)
  【販売価格】 3,600万円(1戸)~2億7,000万円(1戸)
  【最多販売価格帯】 5,400万円台(9戸)※100万円単位
  【専有面積】 42.64~145.70㎡
 
建築概要
  【物件名】 ブランズタワー梅田North
  【所在地】  大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1他
  【構造・規模】 鉄筋コンクリート造地上50階地下1階
  【総戸数】 653戸
  【交通】 大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅 徒歩1分
阪急神戸線「梅田」駅から徒歩7分
JR東海道本線「大阪」駅から徒歩12分
  【敷地面積】 5,154.69㎡
  【延床面積】 68,778.31㎡
  【竣工】 2019年11月中旬(予定)
  【入居】 2020年2月下旬(予定)
  【設計・監理】 大林組
  【施工】 大林組
 
位置図
201707041154_1.jpg

201707041154_2.jpg
完成予想図

201707041154_3.jpg
モデルルーム写真(リビング・ダイニング)

201707041154_4.jpg
モデルルーム写真(ベッドルーム)

201707041154_5.jpg
モデルルーム写真(キッチン)

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ