このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年03月29日
住友商事株式会社
株式会社日本製鋼所

ブラジルにおける風力発電向け鍛造品製造・販売事業会社設立について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)は、株式会社日本製鋼所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤 育男、以下「日本製鋼所」)およびブラジル最大の鉄鋼メーカーGerdau S.A.(本社:ブラジル リオグランドスル州ポルトアレグレ市、以下「ゲルダウ」)と共に、ブラジルにおける風力発電向け鍛造品製造販売事業を目的とする、合弁会社Gerdau Summit Aços Fundidos e Forjados S.A.(本社:ブラジル サンパウロ州ピンダモニャンカバ、以下「ゲルダウサミット」)を設立しました。
 
ゲルダウサミットは、2016年1月に出資者間で基本合意し、2017年1月に会社登記が完了しました。2017年3月28日にはゲルダウサミット本社にて開所式を開催し、開所式にはピンダモニャンガバ市長、既存・新規顧客をはじめ日本およびブラジルから約100名の方々にご臨席賜り、ご祝辞を頂戴しました。
 
ゲルダウサミットにおいては、ゲルダウの既存事業である鋳鍛造製品の製造・販売事業に加え、風力発電用鍛造製品の製造・販売事業に取り組みます。現在、ブラジルでは総発電量の約7パーセントを風力発電が占めていますが、政府の風力発電導入政策も後押しとなり、この割合が2020年には11パーセントまで増加すると予測されています。現在約430か所の風力発電所が、2020年までに新たに約330か所増加するとも言われています。
このような状況を受け、ゲルダウサミットは約2.8億レアル(約100億円)の設備投資を行い、年間生産量50,000トンの生産設備を完備する計画です。
 
また、鋳鍛造品は幅広い産業に必要な素形材であり、風力発電用鍛造品に限らず、オイル・ガス分野向け製品等、ブラジル・中南米の経済成長に応じて需要が増大することが見込まれています。
住友商事は、インフラ事業や関連部品の販売を通じて培った知見やネットワークの活用、日本製鋼所は長年に亘る鋳鍛鋼製品の製造技術・品質管理技術・ノウハウの供与により、ゲルダウサミットの事業に貢献することで、中長期的な成長余力が大きい中南米地域の産業発展ならびに経済成長に寄与します。

 

■参考資料
<ゲルダウサミット事業概要> 
会社名 Gerdau Summit Aços Fundidos e Forjados S.A.
設立時期 2017年1月
資本金 約114億円
出資比率 ゲルダウ59パーセント、住友商事39パーセント、日本製鋼所2パーセント
従業員数 約430人
主な事業 風力発電関連の鍛造製品・鋳鍛造の製造・販売

■開所式写真
201703291322_1.jpg


■ピンダモニャンガバ工場の航空写真
201703291322_2.jpg

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ