このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年03月16日
住友商事株式会社
米州住友商事会社

米国西海岸地区における事業開発体制強化について

~米国シリコンバレーオフィスを開設~

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴)および米州住友商事会社(本社:米国ニューヨーク州、代表:南部智一)(以下総称して「住友商事グループ」)は、米国西海岸地区において事業開発体制を強化すべく、4月1日付でシリコンバレーオフィスを開設します。
 
住友商事グループは、1998年に米国シリコンバレーで設立したベンチャーキャピタルPresidio Ventures, Inc.(以下「プレシディオ」)を通じて、20年近くにわたり、ICT・メディア分野で革新的な技術・事業モデルを開発するベンチャー企業への投資と、投資先との事業創出を継続してきました。プレシディオが蓄積した、起業家やベンチャーキャピタルとのネットワークおよびベンチャー事業推進に関わる知見・ノウハウの活用を、住友商事グループが展開する様々な事業分野に拡げていくことを目的に、今般、新たにシリコンバレーオフィスを設立するものです。
 
プレシディオの累計投資件数は150件を超え、投資先が生みだす先進的な商品・サービスの販売や投資先との共同事業展開は、住友商事グループが強みとするITソリューション事業やケーブルテレビ、テレビショッピングなどのICT・メディア関連事業の差別化を促進し、拡大する原動力の一つとなってきました。
 
一方で、急速に進歩するAI・ビッグデータ・IoTなどの技術は、諸産業におけるイノベーションを促進し、各種コンシューマー関連や自動運転、フィンテックなど、ICT・メディア以外の幅広い分野においても活用が始まっています。
 
このような背景の下、住友商事グループは、関連リソースを自動車、インフラ、ヘルスケア、食料、農業、コンシューマー関連、鋼管等の事業との連携を視野に、シリコンバレーオフィスに集約していきます。
 
今後、住友商事グループは、シリコンバレーオフィスにおいて、プレシディオの人脈も含めた様々なネットワークとR&D機能を活用しながら、米国西海岸で勃興する技術・事業モデル・経営のイノベーションを取り込み、グローバル拠点における展開も見据えた事業創出・拡大の新たな原動力としていきます。
 

【シリコンバレーオフィス概要】
正式名称 米州住友商事会社シリコンバレー店
    (英文名:Sumitomo Corporation of Americas Silicon Valley Office)
所在地 3979 Freedom Circle, Suite 340, Santa Clara, CA 95054, USA
店長 和田 知徳(わだ とものり)
     
【プレシディオ概要】
社名 Presidio Ventures, Inc.
設立 1998年
出資構成 住友商事グループ100パーセント
事業内容 ICT・メディア分野を中心としたベンチャー投資
累計投資数 150社
投資先一覧 http://presidio-ventures.com/companies/index.html

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ