このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年02月22日
住友商事株式会社

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、2月21日、経済産業省より優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人~ホワイト500~」の認定を受けました。
 
「健康経営優良法人~ホワイト500~」とは、経済産業省が日本健康会議と共同で、健康組合と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を認定する制度です。本認定制度は今年度より開始されたもので、2020年までに500社が認定される予定であり、住友商事は第1弾の認定企業となります。
 
住友商事グループは、従業員に対して安全で衛生的で健康的な労働環境を整備しており、また、心身の健康管理は、ワークライフマネジメントの基本と考え、「メリハリのある働き方」の推進を通じて、健康を維持・増進しながら高い成果を出す働き方を目指しています。
 
住友商事は、「健全な事業活動を通じて豊かさと夢を実現する」ことを経営理念の一つに掲げており、株主、取引先、地域社会の人々、そして社員も含め、世界中の人々の経済的・精神的な豊かさと夢を実現することが企業使命であると考えています。この実現のためにも、従業員の健康の維持・増進は最も重要な要素の一つであり、今後も住友商事は健康経営の実践に向けて様々な取り組みを推進していきます。
 
 
<健康経営優良法人ロゴ>

<健康経営優良法人2017発表会 全体記念写真>
201702231043_1.jpg




 
【心身の健康増進と職場における安全確保への取り組み事例】
SCGカウンセリングセンター
  住友商事グループ社員が「活き活きと働く」ことを支援する組織として「SCGカウンセリングセンター」が、本社のある晴海トリトンスクエア内に設置されています。同センターには複数のカウンセラーが在籍し、さまざまな悩みや問題の解決をサポートしています。2005年4月の開設以来、守秘義務順守、何でも相談の方針が社員に浸透し幅広い層の社員が気軽に同センターを利用する習慣が定着しています。(相談件数は延べ900件/年以上)

201702221212_1.jpg
 
【心身の健康増進と職場における安全確保への取り組み事例】
SCGマッサージルーム「コリトン」
  住友商事グループ社員の健康増進、疲労回復を目的として、2008年4月に本社のある晴海トリトンスクエア内にマッサージルーム「コリトン」をオープンしました。「業務の合間の時間を使って気軽に体調管理が図れる」と好評です。(利用件数は延べ3,500件/年以上)

201702221212_2.jpg

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ