このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年02月23日
住友商事株式会社
タンロン工業団地

タンロン工業団地設立20周年について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、1997年2月22日からベトナムにおける工業団地事業(タンロン工業団地(以下「TLIP」))を開始し、この度、TLIP設立20周年を迎えました。
 
2017年2月22日、ハノイにて記念式典を開催し、梅田邦夫駐ベトナム日本国特命全権大使、ホアン・チュン・ハイ ハノイ市共産党書記長をはじめ日本およびベトナムから約300名の方々にご臨席賜り、ご祝辞を頂戴しました。
 
TLIPでは地元政府と連携し、電気や工業用水などインフラの安定供給、そして雇用や労務問題などへの対応を通じてご入居企業の操業支援に努めてまいりました。現在、100社を超える企業が入居し、約6万人が働く工業団地となっています。
 
TLIPより始まったベトナム工業団地事業は、ベトナム経済成長に伴う堅調な需要に対応して伸長しています。2006年にはフンイエン省に第二タンロン工業団地(以下「TLIPII」)を開業し、第一期は既に完売し、第二期も本年中に完売する見込みです。現在、レンタル工場での増床を順次進めています。2018年にはビンフック省に第三タンロン工業団地(以下「TLIPIII」)を操業する見通しです。
 
ベトナムは、安定した政情、豊富な労働力、競争力のある労働コストに加え、昨今では、ノイバイ国際空港や新国道5号線などの整備が進み、ベトナム進出企業から社会・交通インフラが高く評価されています。また、中所得層の拡大も引き続き継続しており、消費市場としての将来性が期待されています。住友商事は、今後もベトナムにおける工業団地事業を推進し、日本の製造業の更なる進出を後押しすることで、ベトナムにおける雇用創出や経済発展に貢献してまいります。
 

◆TLIP概要
  (1) 事業主体 Thang Long Industrial Park Corporation(通称:TLIP)
  (2) 出資比率 住友商事グループ58パーセント
  (3) 所在地 ベトナム ハノイ市
(ハノイ市中心部から北16キロメートル)
  (4) 開発面積 274ヘクタール超(第一期、第二期、第三期合計)
  (5) 入居企業数 105社(うち日系企業は98社)※2017年2月時点
  (6) 設立時期 1997年2月22日
 
 
◆TLIPII概要
  (1) 事業主体 Thang Long Industrial Park II Corporation(通称:TLIPII)
  (2) 出資比率 住友商事グループ92パーセント
  (3) 所在地 ベトナム フンイエン省
(ハノイ市中心部から南東22キロメートル)
  (4) 開発面積 346ヘクタール超(第一期、第二期合計)
  (5) 入居企業数 64社(うち日系企業は62社)※2017年2月時点
  (6) 設立時期 2006年11月17日
 
◆TLIPIII概要
  (1) 事業主体 Thang Long Industrial Park (Vinh Phuc) Corporation
(通称:TLIPIII)
  (2) 出資比率 住友商事100パーセント
  (3) 所在地 ベトナム ビンフック省
(ハノイ市中心部から北44キロメートル)
  (4) 開発面積 213ヘクタール(予定)
  (5) 設立時期 2015年11月17日

◆20周年記念式典写真
201702231141_1.jpg

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ