このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2016年08月05日
住友商事株式会社

マダガスカル共和国アンバトビープロジェクトにおけるプロジェクトファイナンスの返済繰延べについて

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴)は、シェリットインターナショナル(Sherritt International Corporation、 本社:カナダ オンタリオ州、代表:デイビッド・パス)およびコリアリソーシズ(Korea Resources Corporation、本社:韓国 江原道、代表:キム・ヨンミン)と共にマダガスカル共和国にて推進しているアンバトビーニッケルプロジェクト(ニッケル鉱石から地金までの一貫生産プロジェクト)において、プロジェクトファイナンスレンダーとの間で元本返済の繰り延べ(2016年6月分から2018年12月分までの3年分/US$565mil)について合意しました。(以下「本合意」)

本合意によりニッケル価格低迷期を乗り切り、一層の高稼働率での安定操業およびコスト削減に注力し、中長期的競争力を強化すべく推進してまいります。

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ