このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2016年07月01日
住友商事株式会社

インドネシアにおけるバツ・ヒジャウ銅金鉱山権益売却について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、出資先であるヌサ・テンガラ・マイニング株式会社を通じて保有するPT Newmont Nusa Tenggara(本社:インドネシア、以下「PTNNT社」)の全株式(18.2パーセント)を、PT Amman Mineral Internasional(本社:インドネシア)に譲渡することに合意し、2016年6月30日に株式売買契約を締結しました。

PTNNT社は、インドネシア・スンバワ島にバツ・ヒジャウ銅金鉱山を含む鉱区を保有しており、住友商事は1997年に出資参画しました。本件譲渡は、PTNNT社の最大株主であるNewmont Mining Corporation(本社:アメリカ)と共に実施する予定であり、規制当局の承認取得および株式譲渡契約上の発効条件を充足した後、クロージングを2016年7~9月に見込んでいます。

■参考
(1)バツ・ヒジャウ銅金鉱山概要
生産開始年 2000年
権益持分比率  
    Newmont Mining Corporation 31.5パーセント
    PT Multi Daerah Bersaing 24パーセント
    PT Pukuafu Indah 17.8パーセント
    PT Indonesia Masbaga Investama 2.2パーセント
    住友商事                                          18.2パーセント
    住友金属鉱山 3.5パーセント
    三菱マテリアル 1.75パーセント
    古河機械金属 1.05パーセント
生産物 銅精鉱
年間生産能力 年産21万トン(銅量ベース)
埋蔵量 5億9,752万トン

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ