このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2015年12月02日
住友商事株式会社

シェルよりグローバルパートナーアワードを受賞

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、2015年11月18日にロイヤルダッチシェル(本社:オランダ ヘーグ、CEO:Ben van Beurden(ベン・ファン・ブールデン)、以下「シェル」)が主催するサプライヤー・エンゲージメント・セッションにおいて、新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、社長:進藤孝生、以下「新日鉄住金」)と共同でグローバルパートナーアワードを受賞しました。

グローバルパートナーアワードは、年に1度、シェルがサプライヤー各社を招待して行うサプライヤー・エンゲージメント・セッションにおいて表彰される賞の1つで、シェルの石油・ガス掘削事業への貢献度の特に高いサプライヤーに対して授与されるものです。今回、住友商事と新日鉄住金は、鋼管の供給において、優れた製品供給力、商品開発力などに加えて、住友商事のサプライチェーンマネジメント力、関連資材や付帯サービスの提供、ビジネススキームの提案など付加価値提案力が高く評価され、受賞となりました。

住友商事および新日鉄住金とシェルは、これまで40年以上にわたり油井管の長期契約を締結しており、高性能油井管の安定供給や、サプライチェーンマネジメントによるデリバリーサービスの充実、世界各国のローカライゼーションニーズへの対応など、トータルソリューション提案により同社のビジネスの発展に寄与してきました。引き続き当社の高い付加価値提案力、サービスを駆使し、近年ますますグローバル化が進展する石油・ガス開発に貢献していきます。

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ