このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2015年06月05日
住友商事株式会社

優良な「子育てサポート企業」としてプラチナくるみん認定

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、このたび優良な「子育てサポート企業」として厚生労働大臣のプラチナくるみん認定を受けました。

プラチナくるみん認定とは、2015年4月1日の次世代育成支援対策推進法改正に伴い創設された制度で、くるみん認定企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が受けることができます。住友商事は、東京都初の認定企業5社中の1社となりました。

住友商事は、これまでに従業員一人一人のワーク・ライフ・バランス実現に向けて職場環境を整備し、育児・介護などを行う従業員が、最大限に力を発揮できる取り組みに着手してきました。例えば2014年11月には、子育て中であっても必要なキャリアが積めるよう「子女のみを帯同する海外勤務者サポート制度」を新設し、子育て社員の活躍を後押ししています。

住友商事は、今後も従業員の多様なライフスタイルを尊重し、一人一人の活躍に向けた取り組みを継続していきます。

※くるみんマークを取得している企業のうち、さらに両立支援の取り組みが進んでいる企業が一定の基準を満たし、特例認定(プラチナくるみん認定)を受けた場合に表示できるマーク。

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ