このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2015年01月05日
住友商事株式会社

2015年 社長年頭挨拶

皆さん、あけましておめでとうございます。
東京から全世界の住友商事グループの皆さんへ新年のご挨拶を申し上げます。

昨年、当社は多額の減損という事態に直面し、厳しい一年となりました。一方で、BBBO2014で掲げた「稼ぐ力の徹底強化」は、着実に成果を上げつつあり、減損を除く業績は順調に推移しています。改めて、昨年の皆さんの頑張りに感謝します。

本日から、2015年が始まります。今年の世界情勢は、さらに不透明感を増すと思われます。住友商事グロ―バルリサーチでは、今年の諸環境を読み解く鍵として、地政学・通貨・原油の三つの変化を挙げています。
国際社会における米国の影響力は低下し、中東や北アフリカにおける安定にはしばらく時間を要すると思われ、その一方で、中国の存在感が増しています。ウクライナ問題に端を発した欧米とロシアの対立は改善の兆しが見えず、アジアでもロシアと中国の接近に伴い、地政学的なバランスが変化しつつあります。
経済面では、米国金融政策の正常化とドル高、そして、低迷する資源価格、特に、原油価格の動向が、世界経済を左右すると見られます。米ドル高は、ドル建て債務の多い新興国の経済を直撃し、中でも原油輸出への依存度が高く、政治・経済の両面で脆弱性を抱える国には注意が必要です。また、原油価格の動向は、消費サイドから見ると、国によって、その影響が異なります。リーマンショック以前の原油価格のピーク時に比べ、足元の価格は、米ドル建てでは半額に、日本円でも約3割の下落となっていますが、インドルピーやブラジルレアルで見るとピーク時を上回るレベルで推移しています。
一方、日本国内では、円安、原油安に、政治の安定が加わり、昨年の消費増税の反動減から持ち直し、底堅さを増していくものと思われます。国内の新たなビジネスチャンスについても、しっかりと目を向けていきたいと思います。

そのような中で、私は、今年を、成長軌道への回復を図る住友商事グループの「真価が問われる年」と位置付けたいと思います。
ステークホルダーの方々も、我々の一挙手一投足に注目しています。住友商事グループの底力を世の中に示し、ステークホルダーの皆さんの信頼回復を図っていきたいと思います。

これから、次期中期経営計画の策定に取り組んでいきます。
次期中計では、正面から経営改革に取り組み、力強い成長戦略を策定していきます。経営改革については、その要となるガバナンス体制や意思決定プロセスについて、検討を開始しています。その他の課題についても、できることから、速やかに実行に移していきたいと思います。

成長戦略については、当社グループの進むべき方向性をこれまで以上に明確に示していきます。現在、各組織においても中長期戦略の策定に取り組んでいると思います。自分達の強みは何か、将来の成長に必要なものは何か、しっかりと議論し、それらを核に、より力強い成長戦略を描いていきたいと思います。
営業の皆さんが、ビジネスの前線で存分に力を発揮し、それをコーポレートの皆さんがしっかりと支えていく。全社一丸となって、より活力が増すような中計にしていきましょう。

また、この勝負どころで、我々の底力を見せるには、まず、我々自身の「個の力」を存分に発揮すること。そして、「個の力」を余すところなく、「組織の力」に繋げていく必要があります。自分の仕事にこだわりと誇りを持ち、徹底的に考え、やり抜くことで、個の力を発揮する。周囲に対し、率直な自分の考えを発信し、議論を尽くしながら、組織の力を高める。この基本動作の繰り返しこそが、我々の稼ぐ力の徹底強化へと必ず繋がります。

そして、その先にあるのが、我々の目指す姿、”Be the Best, Be the One”の実現です。それぞれの業界で定量面のみならず、定性面でもベストとなる会社を目指し、取引先やビジネスパートナーの方々から「さすが」住友商事グループと、唯一無二の存在として、信頼と敬意を受ける存在になること。また、創立100周年の2019年度に向けて、一段高い成長を実現し、次の50年、100年へと、安定的、継続的に成長し続けることができる強固な基盤を構築すること。我々を取り巻く環境が変化しても、この「目指す姿」というビジョンは、決して、変わりません。

住友商事グループには、全世界に7万人を超える仲間がいます。それぞれが向き合っている仕事はさまざまですが、目指す方向は一つです。個の力、組織の力、そしてなによりも皆さんの熱い思いを、同じベクトルに結集することで、目指す姿の実現に向け、力強く前進していきたいと思います。
真価が問われる今年、皆で一致団結し、住友商事グループの底力を、改めて世の中に示していきましょう。

最後になりましたが、本年が、皆さんと皆さんのご家族にとって、充実した幸せな一年となることを祈念して、年頭の挨拶とさせていただきます。

※これは、2015年1月5日に、住友商事グループ役職員向けに行われた年頭挨拶です。
 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ