このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2014年11月27日
コスモ石油株式会社
昭和シェル石油株式会社
住友商事株式会社
東燃ゼネラル石油株式会社

LPガス元売事業の統合会社の経営体制について

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造、以下「コスモ石油」)、昭和シェル石油株式会社(代表取締役会長 グループCEO:香藤繁常)、住友商事株式会社(代表取締役社長:中村邦晴)、及び東燃ゼネラル石油株式会社(代表取締役社長:武藤潤)は、統合契約を締結(既報2014年8月5日付プレスリリース参照)し、コスモ石油ガス株式会社(コスモ石油の100%子会社)を受け皿会社として各社がLPガス元売事業を吸収分割により切り出す方式により、2015年4月1日付で事業を統合する準備を進めております。このたび、統合会社の常勤取締役4名につきまして内定しましたので、主な拠点や今後の予定と併せて以下の通りお知らせします。
なお、本事業統合は、関係当局の承認等が得られることを前提としております。

1. 常勤取締役について
役職 氏名 現職
代表取締役社長 山本一徳 株式会社エネサンスホールディングス
代表取締役社長
取締役副社長
(海外・供給部門管掌)
奈良茂樹 住友商事株式会社
エネルギー本部長付
取締役副社長
(営業部門管掌)
横田俊之 東燃ゼネラル石油株式会社
執行役員 原油製品貿易統括部長
取締役副社長
(管理部門管掌)
増田吉宏 コスモ石油ガス株式会社
取締役 統合準備室長

2. 主な拠点(予定)
本社及び営業拠点
 

 
本社  
営業拠点
:東京
:仙台、東京、名古屋、大阪、高松、福岡、那覇
LPガス輸入基地 7ヶ所 鹿島、千葉、川崎、碧南(愛知県)、四日市、堺、大分
LPガス二次基地 4ヶ所 清水、坂出、松山、広島

3. 今後の予定
吸収分割契約の締結       2014年12月~2015年1月頃(予定)
統合期日(効力発生日)     2015年4月1日(予定)

別紙
常勤取締役4名の略歴
山本 一徳(63)
(やまもと かずのり)
1974年
2004年
2006年
2007年
2011年
シェル石油株式会社(現昭和シェル石油株式会社)入社
同社 原油船舶部長
同社 執行役員原油船舶部長 兼 製品貿易部長兼海運担当
同社 常務執行役員(  〃   )
株式会社エネサンスホールディングス 代表取締役社長
奈良 茂樹(60)
(なら しげき)
1978年
2003年
 
2006年
2008年
2012年
2014年
住友商事株式会社 入社
住商エルピーガス・ホールディングス株式会社
取締役経営統括部長
エルエヌジージャパン株式会社 取締役管理本部長
住友商事株式会社 エネルギー本部 LPG事業部長
同社 エネルギー本部 エネルギートレード部長
同社 エネルギー本部 本部長付
横田 俊之(59)
(よこた としゆき)
1980年
2001年
2004年
2005年
 
2012年
モービル石油株式会社(現EMGマーケティング合同会社)入社
東燃ゼネラル石油株式会社 製品供給部 製品需給調整室長
同社 供給本部 製品貿易部長
エクソンモービル有限会社(現EMGマーケティング合同会社)
燃料販売部門 産業・ホームエネルギー部部長
東燃ゼネラル石油株式会社 執行役員原油製品貿易統括部長
増田 吉宏(54)
(ますだ よしひろ)
1983年
2011年
2013年
2014年
大協石油株式会社(現コスモ石油株式会社)入社
コスモ石油ガス株式会社 企画部長
同社 取締役供給部長
同社 取締役統合準備室長

統合会社の概要(予定)
(1) 事業内容 LPガスの製造、貯蔵、輸送、売買及び輸出入等
(2) 資本金 110億円
(3) 決算期 12月
(4) 株主と出資比率
 

 
コスモ石油株式会社 25%、昭和シェル石油株式会社 25%
住友商事株式会社 25%、東燃ゼネラル石油株式会社 25%
(5) 売上高 約4,500億円
(6) 国内販売数量
  (電力・原料を除く)
約370万トン
(7) 輸入数量 約280万トン
(8) 海外トレーディング数量 約100万トン
(9) 主な子会社・出資先


 



 
四日市エルピージー基地株式会社
鹿島液化ガス共同備蓄株式会社
大分液化ガス共同備蓄株式会社
廣島エルピーガスターミナル株式会社

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ