このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2014年04月23日
住友商事株式会社

長尺(150メートル)レール輸送船の新造整備について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)は、新日鐵住金株式会社(以下「新日鐵住金」)が八幡製鐵所において製造する150メートルの鉄道用レール(以下「長尺レール」)の輸送を目的に、世界初となる長尺レール輸送船(以下「本船」)の新造整備を開始しました。
 
住友商事は、長年にわたり、新日鐵住金が製造する鉄道用レールを全世界に供給してきました。新日鐵住金製の鉄道用レールは、耐摩耗性・耐表面損傷性に優れ、世界で唯一150メートルの長さで圧延・製品化されたものです。しかし、従来は輸送に使用する船舶の構造的な制約から、長尺レールを6分割して輸出せざるをえませんでした。このたびの画期的な構造を持つ本船新造整備により、長尺レールを原寸で輸送することができ、鉄道事業各社におけるレール溶接数削減等による線路保守作業の軽減に加え、より一層の軌道安定化に貢献するものと考えております。
 
本船は、全長が約190メートル、積載重量が23,000トンです。155メートルのホールド※注1)および3基のクレーンを装備する世界初の船であり、多種多様な船型に強みを持つ株式会社新来島どっくにて建造され、2014年8月に竣工する予定です。
 
住友商事は、主力マーケットである北米を皮切りに、世界的な潮流となりつつある長尺レールの需要に応えることで現在のビジネス基盤をさらに強固なものとし、今後も鉄道資機材分野への積極的なビジネス展開をはかってまいります。
 
※注1)ホールドとは 船倉。貨物を船内に収容する空間。

参考資料
■長尺レール輸送船外観

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ