このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2013年09月06日
大阪大学
住友商事株式会社

次世代がん治療装置(BNCT装置)開発について

大阪大学(本部:大阪府吹田市、総長:平野 俊夫)と住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴)(以下「本グループ」)は、難治療性のがん治療に革新的な効能を有する、ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy、以下「BNCT」)分野において、世界で初めて低被ばくで病院に併設可能な実用的装置の開発に成功しました。


BNCT(注1)は、ホウ素の中性子と反応しやすい性質を利用し、ホウ素を取り込んだがん細胞に中性子を照射することにより、がん細胞のみを選択的に内部から破壊する最新の治療法です。
本グループは、液体リチウム方式によるBNCT装置の実用化に向けて研究・開発を進めてきました。今般、実用機のプロトタイプモデルを製作し、バーミンガム大学にて性能評価試験を行ったところ、治療に必要な中性子線量を十分に得ることができ、且つ不要な放射線による被ばくが非常に低いことを確認しました。中性子線の発生には固体のベリリウムを使用する事例がありますが、本グループでは、液体リチウムを使用することで、BNCTに最適な低速中性子線を得ることに成功しました。人体への全身被ばく量は、地上の自然放射線量の年間最高値と同程度と画期的に小さく、他グループが開発中のBNCT装置に比べて格段に低く抑えられており、正常細胞に与える影響を極小化できることから、複数照射や適用可能な患者の範囲を広げることが期待されます。


今後、本グループは、BNCT設置を考える国内の病院と協力し、2014年には、実用1号機の製造を開始し、2016年頃には、許認可申請を行う予定です。さらに、欧米の病院や大学とも協力し、欧米医療機関への許認可取得も視野に入れ、液体リチウム方式によるBNCTの確立を目指します。

 

(注1)BNCTとは: 腫瘍選択性のある粒子線治療(放射線治療の一つ)です。従来の標準的な治療では治療が困難な、悪性度の高い脳腫瘍、悪性黒色腫、治療法のない再発頭頸部がん、悪性中皮腫などで優れた効果を示している最新の放射線治療法です。これまでは、国内の医療用原子炉やMIT研究炉、フィンランド研究炉において効果を上げています。現状は、病院での実運用に向けて、病院内に設置可能な装置の開発が必要となっています。

 

参考資料

  • ターゲットおよびモデレータ

  • 加速器

  • 実用1号機完成予想図

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ