このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2006年02月24日
住友商事株式会社
住商レンタルサポート株式会社
株式会社タグチ工業

住友商事グループ会社、住商レンタルサポートがタグチ工業と建設機械用アタッチメント販売会社「バケットランド販売株式会社」を設立

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:岡 素之)の100%子会社、住商レンタルサポート株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:三輪 恭裕)は株式会社タグチ工業(本社:岡山県岡山市、代表取締役:田口 裕一)と油圧ショベル等の建設機械用アタッチメント及び各種非純正部品の販売会社として、「バケットランド販売株式会社」を2006年2月14日に設立、新会社はタグチ工業製アタッチメントの総販売代理店となる。営業開始は2006年4月 1日予定。

【新会社概略】
1.社名: バケットランド販売株式会社
2.資本金: 50百万円
3.株主: 住商レンタルサポート株式会社 80%
  株式会社タグチ工業 20%
4.本社: 東京都新宿区西新宿一丁目13-8
5.設立: 2006年2月14日(営業開始予定は2006年4月1日)
6.事業内容: 建設機械用アタッチメント販売・修理及び建設機械用非純正部品販売


【内容】
住商レンタルサポート株式会社は、傘下に「ブルーテック(高所作業車レンタル)」、「レントス(仮設ハウスレンタル)」、「バケットランド(建機アタッチメントレンタル)」の3つの事業を統合する会社であり、専門性の高い商品のレンタル事業を全国にて展開している。アタッチメントレンタル事業を行う"バケットランド"は、その品揃え、顧客サービスにおいて業界内でも高い評価を得ており、同事業部にてレンタルをしているタグチ工業製品の総販売代理店として販売会社を設立することとなった。
バケットランド販売株式会社では、自社の営業網とともに、全国20箇所をこえるバケットランド事業部の営業拠点を通じても販売を進める。建機アタッチメント製品は、レンタル取引に加えユーザー購入の需要も増えており、販売事業に業務拡大を図る住商レンタルサポートと販路拡充を計画するタグチ工業の事業戦略が一致し、今後、共同で販売会社の経営を進める。

【今後の事業戦略】
住商レンタルサポートの販売力とタグチ工業の技術力の相互補完を軸に、同事業の全国展開を図り、2006年初年度で売上22億円を目指す。


【参考】
住商レンタルサポート株式会社の概要(2005年9月30日現在)
(1) 代表者 代表取締役社長 三輪 恭裕
(2) 本社所在地 東京都新宿区西新宿一丁目13-8
(3) 主な事業 高所作業車、建築用機械器具のレンタル
  仮設ハウス、トイレ、事務用品のレンタル、販売
油圧掘削機およびアタッチメントのレンタル
(4) 設立 1992年8月3日
(5) 従業員 292名
(6) 資本金 250百万円
(7) 売上高 58億円(2005年3月期)
(8) 株主構成 住友商事株式会社 100%

株式会社タグチ工業の概要(2005年9月30日現在)
(1) 代表者 代表者取締役 田口 裕一
(2) 本社所在地 岡山県岡山市平野561-1
(3) 主な事業 建設機械のアタッチメント、各種機械の設計・製作
(4) 設立 1962年4月
(5) 従業員 60名
(6) 資本金 12百万円
(7) 売上高 26億円(2005年8月期)




以上

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ