このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年02月25日
住友商事株式会社

住友商事株式会社、南アフリカ鉄鋼原料事業強化

住友商事株式会社(社長:加藤 進、以下住友商事)は、今般、南アフリカ共和国(以下南アフリカ)の鉄鋼原料資源会社であるAssmang社の権益保有持ち株会社であるOresteel Investments Limited(以下 Oresteel(オアスチール))の株式3%を、Assmang社の創業家であるSacco家より追加取得し、これまでの26%から29%に持分権益を引き上げました。
今回の取引では当社が従来から所有していたアソオアー株式1.8%をSacco家に売却し、代わりにOresteel株式3%を取得するという交換でOresteel株式への集中を実現しました。

Assmang社は、南アフリカにて鉄鉱石、マンガン鉱石、クロム鉱石、マンガン系合金鉄及びクロム系合金鉄の生産を行っている資源鉱山会社で、OresteelはAssmang社の権益保有持株会社です。

今回の当社による株式取得の結果、Assmang社の創業家の一つであるサッコ家が51%、当社が29%、Old Mutualが20%の資本構成となります。(Assmang社を巡る資本関係は、下記のグループ組織図を参照)
<Assmangグループ組織図>
Assmangグループ組織図

Assmang社は、高品位鉄鉱石、高品位マンガン鉱石及びクロム鉱石の3つの鉄鋼原料資源を保有する世界でも類を見ない資源鉱山会社です。需給は更に逼迫感を増しており鉄鋼原料の市況は大幅に上昇しています。
現在年産600万トンの鉄鉱山は、本年6月に新規クマニ鉄鉱山の生産を予定通り開始する見込みで2009年には1000万トン、その後も更に増産を計画しており、今後、鉄鉱石事業の飛躍的拡大が見込まれます。クマニ鉄鉱山開発は、既存の鉄道及び港湾の拡張を行い、開発コスト及び操業コスト面で競争力のある案件です。
また、現在高騰を続けるマンガン関係においては、同社の高品位マンガン鉱石の埋蔵量は、世界でも最大規模で、鉄鋼業には不可欠なマンガン鉱石を保有する同社の将来のマンガン事業のポテンシャルに大いに期待できます。
フェロクロム市況は史上最高値となっており優良クロム鉱山を有するクロム事業にも期待しています。

以上

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ