このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年03月25日
住友商事株式会社

住商石油株式会社の株式譲渡について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤 進)は住友商事100%子会社の住商石油株式会社(本社:東京都港区、社長:佐伯 孝)の全株式を出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:天坊 昭彦)に譲渡することで合意し、本日株式譲渡契約を締結しました。譲渡日は2008年6月30日の予定です。


国内の石油販売業界は、原油価格の高騰によるコストアップ、燃料転換、少子高齢化等による国内石油製品需要の減少など厳しい経営環境の下にあって、ますます効率的な運営が求められています。


住友商事は、住商石油を1970年設立以来、効率的な経営に努め国内産業向けや一般消費者向けに競争力ある石油製品の販売を目指してきました。しかしながら、上述のような環境下、総合商社として石油製品の国内小売事業を継続することには限界があると判断するに至り、同分野から撤退することにしました。
一方、出光興産は石油元売会社として国内石油製品販売を事業の中心に据え、ブランド販売の一層の強化に取り組んでいます。住商石油は設立以来、出光興産を主要仕入先として同社と密接な関係を維持し、強固な信頼関係を築いてまいりました。


これらを踏まえ、今般両社協議のもと、住商石油の全株式を出光興産に譲渡し同社の100%子会社とすることに合意しました。


住友商事と出光興産は、石油上流開発、原油・石油製品の海外並びに国内トレードの分野で広範な取引を行なっています。住商石油株式譲渡後も、両社の協力関係は変わらず、従来以上の関係強化を図っていく所存です。


住友商事のエネルギー事業は、石油・天然ガスの上流開発、LNG(液化天然ガス)の上・中流事業、原油・石油製品の国内外トレード及び国内電力会社・大口産業向けエネルギー販売、並びにLPガスの海外トレード及び国内小売販売等の分野に注力してまいります。このたびの国内石油小売事業からの撤退に伴い経営資源の入れ替えを進め、石油・天然ガスの上流分野をはじめとした他の分野への軸足のシフトを積極的に進める所存です。引き続き、消費者の皆様に競争力あるエネルギーを安定的に供給することを使命として、事業の成長を図ってまいります。



<ご参考>
【住商石油の会社概要】
1.正式名称 :住商石油株式会社(SUMISHO OIL CORPORATION)
2.所在地 :東京都港区芝公園2-4-1
3.代表者 :取締役社長 佐伯 孝
4.設立 :1970年8月10日
5.資本金 :5億円
6.株主構成 :住友商事株式会社100%
7.社員数 :119人(2007年9月)
8.売上高 :1,206億円(2007年3月連結ベース)
9.事業内容 :1. ガソリン、灯油、軽油、重油、LPG、潤滑油等の販売
 2. ガソリンスタンドの企画並びに運営
 3. カー用品、その他雑貨の企画製造販売


以上

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ