このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年03月27日
昭和シェル石油株式会社
住友商事株式会社

LPG事業統合の一部延期について

昭和シェル石油株式会社(代表取締役会長:新美春之。以下「昭和シェル」)と住友商事株式会社(代表取締役社長:加藤進。以下「住友商事」)は、2008年4月から両社グループが営むLPG事業を統合することについて、先般、最終合意締結を発表し諸準備を進めておりましたが、この度、事業統合の一部について実行時期を延期することとなりましたのでお知らせ致します。
なお、概要は以下の通りです。


<事業統合の一部延期の概要>

(1)延期内容
昭和シェルと住友商事は、予定しているLPG事業統合の内、それぞれの100%子会社である昭石ガス株式会社と住商エルピーガス・ホールディングス株式会社(以下「SLH」)の合併による新ホールディング・カンパニー「株式会社エネサンス ホールディングス」(以下「エネサンス」)の設立予定日を本年4月1日から本年7月1日まで3ヶ月間延期致します。
なお、LPG輸入・国内需給機能の昭和シェルへの集約は予定通り本年4月1日から実施致します。

(2)理由
SLHグループ傘下の「深谷容器検査所(埼玉県)」においてLPG小型容器の検査に不備が有り、当該容器の自主回収を実施しております。
本回収作業に注力する為に、エネサンス設立を3ヶ月延期する事で両社合意致しました。先ずは、事態の早期解決を第一優先に図り、7月1日の設立に向けて引き続き両社協調して取り組んで参ります。


以上

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ