このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年07月16日
住友商事株式会社

アンタナナリボ事務所(在マダガスカル共和国)開設

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤 進、以下住友商事)は、本年8月1日付でマダガスカル共和国に駐在員事務所を開設します。
住友商事はマダガスカル共和国において、2005年10月にニッケル鉱山開発プロジェクト(アンバトビープロジェクト)への参画を決定し、2010年の操業開始に向け、現地合弁事業に要員を派遣し、鋭意準備を進めています。


このたび、アンバトビープロジェクトおよびその周辺インフラ整備関連ビジネスにとどまらず、資源・エネルギー、農業関連分野等の新規ビジネスの発掘・推進を図ることを目指し、2003年3月から休止していたアンタナナリボ事務所の活動を再開することとしました。


当初は派遣員1名を常駐させ、南アフリカ共和国のヨハネスブルグ支店と密接な連携をとりながら、ビジネスを通じて当国の経済発展に資する活動を加速します。 また、当社は当国の将来を担う人材の育成支援の一助として、2008年2月に教員養成学校に図書を寄贈するなど、ビジネスにとどまらない幅広い活動を展開しています。アンタナナリボ事務所開設により、こうした社会貢献を通じた支援についても、さらに充実させていきたいと考えております。


住友商事は、アジア、欧州、米州など、世界各地で広域ブロック運営を展開していますが、南部アフリカにおいては、南アフリカ共和国のヨハネスブルグ支店を中心に、アンゴラ(ルアンダ事務所)、ケニア(ナイロビ事務所)とマダガスカル(アンタナナリボ事務所)を含めた4拠点の総合力を発揮、活用し、急拡大するビジネスチャンスの発掘に努めてまいります。


以上

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ