このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年07月22日
株式会社ヤマダ電機
サミットエナジー株式会社
住友商事株式会社

サミットエナジーはヤマダ電機高崎本社・LABI1 高崎に
国内初、CO2排出ゼロの100%グリーン電力の供給を開始します

株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:一宮 忠男、以下、ヤマダ電機)と住友商事グループのサミットエナジー株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:川辺 豊明、以下、サミットエナジー)は、グリーンPPS(*1)として国内初の取り組みとなる100%グリーン電力の供給契約を締結しました。詳細は下記の通りとなります。

 

                                                             記
【概要】
◇グリーンPPSは、電力と環境価値であるグリーン電力証書(*2)をセットにし、環境にやさしい

   「グリーンな電力」を供給するものです。
◇2008年7月1日以降、ヤマダ電機高崎本社・LABI1高崎において使用する電気の100%年間

   約1,450万kWhをグリーン電力で賄うこととなり、これにより年間で約8,000 トンのCO2

   削減効果が期待できます。これは一年間にスギの木約60万本が吸収するCO2量に相当します。
◇大きなビル1棟で使用する全ての電気量(年間約1,450万kWhという供給規模)を全て

   グリーン電力証書で賄う事例は、国内最大規模となるものです。さらに実際の電気の供給と

   グリーン電力証書をセットにし、100%のグリーン電力という形での供給をこれだけの規模で行う

   という意味においても国内初の取り組みとなるものです。

【詳細】
サミットエナジー社は、同じ住友商事グループの国内最大級の木質系バイオマス発電所であるサミット明星パワー株式会社(出力5万kW)をはじめ、特定規模電気事業者(*3)として、電力を官公庁・民間企業向けに販売しています。本件については、本年1月にヤマダ電機の関東地区98店舗向けに、ヤマダ電機とサミットエナジーが共同で開始したグリーン電力PPSによる電力供給に次ぐ案件となります。関東地区の98店舗で使用する電気量の一部、年間約360万kWhのグリーン電力供給を開始した前回の事例とは異なり、今回は大きなビル1棟で使用する全ての電気量を100%のグリーン電力で賄っており、供給規模も年間約1,450万kWhという国内最大規模となるものです。さらに、グリーン電力という形での供給をこれだけの規模で行う取組みは国内初となります。

 

【ヤマダ電機としての今後の取組について】
ヤマダ電機はこれまでも、CO2削減を目的とした省エネやリユース・リサイクル等、環境に配慮した取り組みを全社的に推進しており、その一環として本年1月より関東地区98店舗向けにサミットエナジーからグリーン電力の供給を受けておりました。
ヤマダ電機は引き続きグリーン電力の供給拡大を図るべく、高崎本社・LABI1高崎の100%グリーン化を実施することになりました。今後も都市型大型店舗LABIのオールグリーン電力化等、サミットエナジーと共同で全社的なグリーン電力への取組の拡大も視野に入れ、環境対策を検討してまいります。

 

【サミットエナジーとしての今後の取組について】
サミットエナジーは、住友商事グループの国内電力事業会社として、昨今の環境への関心の
高まりを受け、引続きグリーンPPSによる電力供給やグリーン電力証書の販売をはじめとした社会に貢献する事業展開に取り組んでまいります。


                                                                                                                                以上

 


【補足】
◆「グリーンPPS(*1)・・・・風力、水力やバイオマス等の再生可能エネルギーで発電された電気であるグリーン電力の販売(小売)行う事業者(PPS)のことで、販売方法は再生可能エネルギーで発電された電気を直接販売する方法と、通常の電気とグリーン電力証書を組み合わせて販売する方法がある。PPSについては、以下(*3)参照。
◆「グリーン電力証書(*2)」・・・・グリーン電力の環境付加価値(化石燃料削減、CO2排出量削減)を切り離して証書化し、取引できるようにしたもの。発電されたグリーン電力のグリーン電力価値の認定を受け、グリーン電力証書として販売するためには、第三者機関であるグリーン電力認証機構からの認証を受ける必要がある。グリーン電力価値の購入を希望する需要家が一定のプレミアムを支払うことで証書を購入し、グリーン電力を利用したとみなして、広く社会に向けて公表できる。
◆「特定規模電気業者(PPS)(*3)」・・・・Power Producer and Supplierの略。契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(所謂小売自由化部門への新規参入者。)


【契約スキーム概要】


契約スキーム概要

【グリーン電力証書のサンプル】
グリーン電力証書のサンプル


【サミットエナジーホールディングスの事業内容】
日本における電力・エネルギー関連分野での事業の企画・開発・推進・運営並びに傘下の国内電力事業会社を通じてのエネルギー供給事業(電気、蒸気、自然エネルギーを含む)。うち、発電事業としては、風力発電、ガス火力、石炭、木屑バイオマス発電を実施。また、サミットエナジーを通じて電気の小売事業を展開。

 

(サミットエナジーホールディングスのグループ概要)

サミットエナジーホールディングスのグループ概要

 

(サミットエナジー会社概要)
正式名称:   サミットエナジー株式会社
本社所在地:  東京都中央区晴海1丁目8番11号
代表社名:     代表取締役社長 川辺 豊明
資本金:       150百万円
株主構成:     サミットエナジーホールディングス株式会社(住友商事100%子会社) 
         住友共同電力株式会社 
主な事業内容: 特定規模電気事業(電気の小売事業)

 

 


(サミットエナジーの事業展開図)

サミットエナジーの事業展開図



本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ