このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年11月19日
住友商事株式会社

英領北海 探鉱鉱区の権益取得の件

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤進 以下、当社)は、英国現地法人Petro Summit Investment UK Ltd.(CEO: Roy Phillips 以下、PSIUK)を通じて、Bow Valley、Reach Exploration、Oilexcoの3社(以下、PSIUK連合)と共同で英国政府(DECC: Department of Energy and Climate Change、エネルギー・気候変動省)が実施した第25次公開入札に本年5月21日に応札しました。


入札結果が11月12日に発表され、PSIUK連合に英領中部北海の2探鉱鉱区が付与されることになりました。

 

【付与鉱区の概要】

鉱区番号
鉱区位置
権益保有者
※オペレーター
権益比率
鉱区面積
水深
13/23a
アバディーン市の北北東約120km
 PSIUK
 Bow Valley※
 Reach Exploration
45%
45%
10%
109km2
110m
29/1c
アバディーン市の東
約190km
 PSIUK
 Oilexco※
 Reach Exploration
40%
50%
10%
162km2
90m

 

新たに付与される2鉱区の近隣には複数の生産中の油田が存在しています。
また、当鉱区内においてもすでに有望な構造の存在が確認されており、PSIUK連合では各鉱区につき1坑の掘削をコミットしております。

 

<< 参考資料 >>

【鉱区位置】
map_081119.png

 

【各社概要】 

(1) Bow Valley社 (ボウ ヴァリー) 
 ・本社:カナダ・カルガリー
 ・トロント市場上場
 ・コアエリア:英領北海、米国アラスカ

(2) Reach Exploration社 (リーチ エクスプロレイション) 
 ・本社:英国・アバディーン
 ・非上場
 ・コアエリア:英領北海

(3) Oilexco社 (オイル エクスコ) 
 ・本社:カナダ・カルガリー
 ・トロント市場およびロンドン市場上場
 ・コアエリア:英領北海

 

 


本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ