このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2008年12月09日
住友商事株式会社

「ジュピターショップチャンネル株式会社」の完全子会社化について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:加藤 進 以下、住友商事)は、子会社SCメディアコム株式会社(所在地:東京都中央区 代表取締役:竹岡 哲朗 以下、SMC)他を通じてジュピターショップチャンネル株式会社(所在地:東京都中央区 代表取締役:篠原 淳史 以下、SHOP)の株式をIAC(所在地:米国ニューヨーク)のグループ企業から次のとおり買い取り、出資比率100%の完全子会社としました。

 

・買取株式数: 26,400株(出資比率30%相当)
・買取後の出資比率: 100%
・買取額:460億円

 

本件の目的
1996年に設立したSHOPは日本初の24時間ライブ放送の実現、グローバルにアイデアを求めたユニークな商品開発、魅力ある番組企画により、テレビショッピング分野ではNo.1のマーケット・シェアを持ち、順調な成長を続けています。当社は、2007年7月にSMCを通じて、SHOPの株式35%を追加取得し70%の子会社とし、小売事業のパラダイムシフトが進展していく中で、SHOPによるテレビショッピングを、メディア事業とリテイル事業の融合の場と位置づけ、マルチチャンネルリテイル事業を加速してまいりました。

 

さらに、今般の残り30%の株式追加取得により、当社はSHOP経営における完全なフリーハンドを獲得し、当社の意思をより直接的に経営に反映させる、柔軟かつ機動的な体制を確立いたしました。これにより当社が展開する各種ブランドの販売におけるプラットフォームとしての活用が加速されます。

 

また、当社が広く展開する実店舗でのリテイル事業や、ジュピターテレコム(J:COM)を中心とするCATV事業、携帯電話事業などメディアインフラ事業との連携を一層強化し、Eコマース、モバイルコマースなども取り込み、変動する小売市場において、常に新たなValueを創出し続けることで、メディア・リテイル事業のトップランナーとしてさらなる飛躍を図る所存です。


住友商事株式会社のメディア・リテイル事業への取り組みについて
住友商事は、世界70カ国150カ所に事務所を構える総合商社です。メディア・ライフスタイル事業部門においては、メディア、ネットワーク、ライフスタイルの分野で幅広く事業を展開しています。メディアの分野においては、国内最大手のケーブルテレビおよび番組供給事業を行い、ネットワーク分野ではITソリューション、インターネット関連ビジネス、携帯電話事業を展開、ライフスタイル分野においては、国内最大のテレビ通販事業であるSHOPやスーパーマーケットやドラッグストアを含めた幅広い小売りビジネスを手掛け、ブランド事業おいても、バーニーズ・ジャパン他の有力事業を展開しており、近々マーク・ジェイコブス・ジャパン株式会社を設立する等、ブランド事業のさらなる拡大を図ってまいります。

 

IACグループについて
IAC(Chairman & CEO: バリー・ディラー)は、米国を拠点として、グローバルなインターネット関連ビジネスを展開しています。

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ