このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2009年01月14日
住友商事株式会社

米国Cambrios社製塗布型透明導電性インクの商業化をチッソと共に強力に推進

住友商事株式会社(社長:加藤 進、本社:東京都中央区)は、チッソ株式会社(社長:岡田俊一、本社:東京都千代田区)と、米国Cambrios Technologies Corp.(カンブリオス テクノロジーズ コーポレーション 社長:Michael Knapp、本社:カリフォルニア州サニーベール市)と液晶ディスプレイ分野における代表的な透明導電材料であるITO(Indium Tin Oxide 酸化インジウム錫)代替材料として、塗布型透明導電性インク(ClearOhm™)の商業化を共同で推進することに合意しました。

 

塗布型透明導電性インク(ClearOhm™)は、Cambriosによって開発された、ナノ・レベルで制御した金属ナノワイヤーを溶液中に分散させたインクであり、住友商事は昨年来、同社製品の液晶ディスプレイ分野以外の市場向けに拡販を行ってきました。今般、塗布型透明導電性インク(ClearOhm™)の液晶ディスプレイの製造プロセスへの適合化、および透明導電膜の製造プロセスの簡略化等において、三社共同での取り組みに合意しました。

 

事業化推進のための役割として、Cambriosは、塗布型透明導電性インク(ClearOhm™)の開発および製造を担当する。チッソは、インクに適用される種々の関連材料の開発、インクの評価、顧客へのテクニカル・サポート等を担当し、同時に販売窓口となります。住友商事は、チッソの販売代理店として、本取り組みにおいて開発される製品のマーケティング、および販売を展開します。また、住友商事とチッソは、共同でCambriosに戦略的出資を実施し、Cambriosのインク開発を強力に支援します。

 

住友商事は、2007年3月に米国子会社を通じてCambriosに出資し、塗布型透明導電性インクの販売代理店権を取得していますが、今回の液晶ディスプレイ分野での一連の取り組みにより、需要の高まる透明導電性材料の拡販に、より一層注力します。             

 

【Cambrios社概要】
本社所在地 : 米国カリフォルニア州サニーベール
                    930 East Arques Avenue, Sunnyvale,
                    CA 94085
設立年        : 2003年
CEO         : Michael R. Knapp, Ph.D.
従業員        : 35名
主な事業     : 透明導電性インクの開発、製造
URL         : http://www.cambrios.com

 

Cambrios社の透明導電性インクの特徴:

ディスプレイ、タッチパネル、太陽電池等々に広く使われている透明導電材料は、希少金属を用いた材料を、負荷の高いプロセスで加工するのが一般的なため、塗布型の材料で、かつ常温で加工できるソリューションの登場が待ち望まれていました。Cambriosは画期的な技術を用いて、希少金属を使わず、高い透明性と同時に高い導電性能を持ち、曲げに強い透明電極を形成可能な塗布型の透明導電性インク(ClearOhm™)を開発し、汎用性の高い設備を用いて常温で加工することを可能にしました。

 

以 上

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ