このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2009年03月16日
住友商事株式会社
韓国住友商事株式会社

韓国住友商事釜山支店開設について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤 進)の韓国現地法人である韓国住友商事株式会社(本社:ソウル市、社長:山脇 義史)は、本年4月1日付で釜山支店を開設します。これに伴い、大手商社では唯一、釜山に拠点を構える体制となります。

 

韓国住友商事は、1994年に設立され、ソウル本社および釜山支店の二店舗体制で営業活動をおこなっていましたが、1997年のアジア通貨危機後、韓国経済が低迷したこともあり、1999年に釜山支店を閉鎖しました。その後、韓国経済は回復・拡大し、特に南部地域は、世界有数の重工業の集積地として発展しています。 これに伴い、住友商事・韓国住友商事では、南部地域において、造船用鋼板や風力発電・原子力発電関連機材ビジネスを拡大してきています。


今般、釜山支店の再開により、南部地域の企業群に対し、より密着したかたちでのサービスの向上を図ります、また、既存ビジネスの拡大・深耕を図ると共に、金属・機械・インフラ・物流等の幅広い分野において新規ビジネスの開拓を目指していきます。

 

<釜山支店概要>
名 称:韓国住友商事株式会社 釜山支店
     (Sumitomo Corporation Korea Limited, Busan Branch Office)
支店長:碇 則一(いかり のりかず)
人 員:6名
住 所:釜山広域市鎮区凡川1洞862-1 Allianz生命ビル5階
連絡先:+82-(0)51-638-9777



本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ