このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2009年06月16日
住友商事株式会社

クスリのカツマタの株式譲受について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤 進)は勝又泰夫氏と2009年7月中旬(予定)に株式会社クスリのカツマタ(本社:神奈川県川崎市、社長:勝又泰夫)発行株式の約99.5%を譲受することで合意しました。

 

クスリのカツマタは1983年の創業以来、立地・店舗面積ともに競争力が高く、かつ、収益性が高い店舗フォーマットを確立し、地域の特性、顧客ニーズを捕らえた豊富で的確な品揃えおよび競合他店に抜きん出た接客力などにより、ほとんどすべての店舗が「地域一番店」となっており、地域住民から高く評価されている有力ドラッグストアです。現在、東京都城南エリアから川崎・横浜エリアに、主に東急沿線の駅前繁華街中心に25店舗をドミナント展開しております。1店舗当たりの平均年商は約6億円とこの業界では非常に高い水準にあるとともに、利益率も非常に高く、また、有利子負債ゼロと極めて健全な財務体質を有しております。

 

住友商事は、100%子会社である株式会社住商ドラッグストアーズ(本社:東京都文京区、社長:広瀬泰三)において「医療の一端を支える小売業として、お客様の健康で豊かな生活に役立つ『かかりつけ薬局』を目指す」という経営理念のもと、社会的インフラ機能を持つ調剤併設型ドラッグストアのフォーマットを確立し、「トモズ」「アメリカンファーマシー」「メディコ」「コーエイ」のストアブランドで東京・神奈川・埼玉をドミナントエリアとして、現在、計110店舗を展開し、堅実な収益をあげております。

 

住友商事とクスリのカツマタは、今後の地域社会に貢献する企業作りを積極的に行う方針です。

今回、(1) クスリのカツマタのMD、販売等のノウハウをトモズ等住商ドラッグストアーズ店舗で活用することにより、顧客支持の向上、店舗競争力の強化が図れる点、(2) クスリのカツマタにおいて住商ドラッグストアーズの調剤オペレーションノウハウの活用、および住友商事の消費者直結型事業ノウハウの活用が図れる点、(3) クスリのカツマタと住商ドラッグストアーズの経営ビジョンが共有でき、かつ、ドミナントエリアの補完ができる点、(4) 両社あわせて売上高は500億円を超える規模となり、クスリのカツマタの商品開発ノウハウと住友商事の信用力、仕入れリソースの融合により調剤・物販含めたPB商品開発の深耕が図れる点など、事業上のシナジーは非常に大きく、首都圏で圧倒的な存在感を示す、極めて質の高い競争力を有するドラッグストアチェーンの形成を目指します。


具体的には、1年以内に両社を統合して、人材面、オペレーション面、仕入れ面、物流面などでの両社の強みをお互いに生かしつつ、収益性の向上ならびに一層の事業基盤の強化を図る所存です。両社をあわせると売上高は500億円を超え、首都圏アーバンエリア(東京23区、西東京、神奈川東部と定義)では業界トップクラスのポジションに浮上、前述の通り、両社の強みの融合により、No.1の存在となると考えております。

 

住友商事のドラッグストア事業は、一般的なドラッグストアのように大衆薬や日用品といったコモディティの安売り前提の事業展開ではなく、医療の一端を担う小売業として調剤を核として専門性と便利性を併せ持ったドラッグストアを作ってまいりました。調剤併設率では既に業界No.1であり、社員に占める薬剤師比率も群を抜いています。

 

クスリのカツマタの株式取得を契機にこれまで以上に、この事業コンセプトを推し進め、専門性や便利性、顧客サービスの質の高さも併せ持った真に国民医療に貢献できる業態での展開を目指してまいります。

 

なお、住友商事は、従来からドラッグストア事業の展開の他、「サミット」や「マミーマート」などによる食品スーパー事業、「ショップチャンネル」によるテレビショッピング事業、「バーニーズ」、「マークジェイコブス」、「ランセル」、「フェイラー」などのブランド関連事業、「住商ネットスーパー」、「アシェット婦人画報社」、「爽快ドラッグ」などのWEBビジネス事業、「J:COM」によるケーブルテレビ事業、「ユナイテッドシネマ」によるシネコン事業といった消費者直結事業を広範に展開しております。

 

今後とも、住友商事グループとして、優れた商品力・サービス力・ブランド力を結集し、付加価値の高いライフスタイルを消費者に提案していく方針です。

 


株式会社クスリのカツマタ概要

(1) 商号:      株式会社クスリのカツマタ
(2) 設立:      1984年9月(創業:1983年9月)
(3) 事業内容:      ドラッグストアチェーンの経営(医薬品、健康食品、化粧品、日用品の小売)、
           保険調剤業務
(4) 本部所在地:     神奈川県川崎市中原区木月一丁目29番25号
(5) 代表取締役:     勝又 泰夫
(6) 資本金:     98百万円
(7) 店舗数:     25店舗
(8) 従業員数:    614名(2008年8月末時点)

 

株式会社住商ドラッグストアーズ概要

(1) 商号:       株式会社住商ドラッグストアーズ
(2) 設立:      1993年8月
(3) 事業内容:      ドラッグストアチェーンの経営(医薬品、健康食品、化粧品、日用品の小売)、
           保険調剤業務
(4) 本部所在地:     東京都文京区西片1-15-15春日ビジネスセンタービル3階
(5) 代表取締役:     廣瀬 泰三
(6) 資本金:     1,160百万円
(7) 店舗数:     110店舗
(8) 従業員数:    1,777名(2009年3月末時点)

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ