このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2010年05月18日
住友商事株式会社

東南アジアで鋼管油井管の加工・販売会社を完全子会社化
~アジア・中東の市場拡大を見据え、顧客へのサービス提供力強化へ~

住友商事株式会社(取締役社長:加藤 進 本社:東京都中央区 以下、住友商事)はマレーシアの上場会社であるSCOMI Engineering Bhd(スコミ・エンジニアリング社、以下 SEB)から子会社2社の株式を100パーセント取得することで合意しました。買収予定金額は1~1.1億米ドルです。今回の買収は、アジア・中東市場における高品質な鋼管および継ぎ手加工の需要増加を見込んだもので、アジアにおける鋼管事業で初の大型戦略投資となります。

 

買収対象の2社は、SCOMI OMS Oilfield Services Pte Ltd(スコミ・オーエムエス・オイルフィールド・サービス社)とSCOMI OMS Oilfield Holdings Sdn Bhd(スコミ・オーエムエス・オイルフィールド・ホールディング社 以下、両社を合わせてOMSと記載)です。OMS は、油井管(注1)の特殊継ぎ手加工や油井の地表近くで使用する大径鋼管の製造、販売などを展開。シンガポールなどのアジアを中心に、豪州、中東地域の7カ国10拠点でサービスを行っています。主要顧客は国営や民間の大手石油会社、油井用機器・サービス供給会社で、特殊な継ぎ手加工の技術や品質、サービスは高い評価を得ています。

 

OMSへの出資は同分野での2件目の買収となります。住友商事はこれまで鋼管販売事業を軸として、顧客の高度化するサービスに対応するべく、2007年に油井元および内部で使用する資機材の半製品供給会社で、欧米を中心に世界中に拠点を有するハウコ・グループ(HOWCO Group) を買収し、オイルフィールドサービス分野(注2)へ進出しました。現在は欧州、アフリカ、アジア、北米、豪州など15カ所で"サプライチェーンマネジメントプロジェクトサイト"を運営し、油井管の製造、油井機器用金属加工事業などをグローバルに展開しています。

 

アジア・中東市場では中長期的なエネルギー需要が拡大していることから、厳しい掘削環境での使用に耐える高品質な鋼管および特殊継ぎ手の需要が高まっていくと予想しています。住友商事はこれまでの鋼管事業で築き上げた事業資産・顧客基盤・人材を、OMSの高い加工技術・幅広い拠点網と組み合わせることによって、地域ごとの顧客ニーズに対応するサービスを拡充していきます。

 

(注1) 油井管:石油天然ガスを生産する井戸で使用する鋼管
(注2) オイルフィールドサービス:資機材の供給や油井管の加工など、油井掘削に関わる周辺サービス

 

 

【参考情報】


<SEB会社概要>
1. 会社名: SCOMI Engineering Bhd(スコミ・エンジニアリング社
2. 所在国: マレーシア
3. 事業内容: 車両製造やエネルギー分野のエンジニアリング

 

<OMS会社概要>
1. 会社名:

    SCOMI OMS Oilfield Services Pte Ltd
    (スコミ・オーエムエス・オイルフィールド・サービス社)
    SCOMI OMS Oilfield Holdings Sdn Bhd
    (スコミ・オーエムエス・オイルフィールド・ホールディング社
2. 所在国:
    SCOMI OMS Oilfield Services Pte Ltd: マレーシア
    SCOMI OMS Oilfield Holdings Sdn Bhd: シンガポール
3. 事業内容: 
    石油天然ガスを生産する井戸(油井)で使用する鋼管の特殊継ぎ手加工ならびにリペアサービス、

    油井機器関連部材販売、コンダクター製造販売などを行なうマシーン・ショップの運営。
4. サービス拠点 : 
    7カ国10拠点
    シンガポール、マレーシア(ジョホールバル、ケママン、ラブアン)、タイ(ソンクラーン)、

    インドネシア(バリクパパン、ジャカルタ)、ブルネイ、オーストラリア(ダーウィン)、

    サウジアラビア(アブカイク)
    ※ジャカルタ拠点は工事中(2010年5月現在)
5. 従業員数
    約350名

 

 

OMSが展開するマシーン・ショップ拠点

OMSが展開するマシーン・ショップ拠点

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ