このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2010年06月28日
株式会社ジャパンエナジー
住友商事株式会社

ニードルコークス製造・販売事業の譲渡について

株式会社ジャパンエナジー(社長:松下功夫、以下「Jエナジー」)と住友商事株式会社(社長:加藤 進、以下「住商」)は、このほど、Jエナジーと住商の合弁会社であるペトロコークス株式会社(社長:黒﨑 猛、以下「ペトコ」)が営む事業のうちニードルコークス(注1)製造・販売事業の経営権を住商に譲渡(以下「本譲渡」)することに合意いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
なお、本譲渡は、新日本石油株式会社(以下「新日石」)と新日鉱ホールディングス株式会社(以下「新日鉱」)の経営統合(注2)に関連し、ニードルコークス製造・販売事業における競争を確保するための措置として、新日鉱の100%子会社であるJエナジーが履践するものです。詳細につきましては、新日石および新日鉱の2009年12月25日付プレスリリース「新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社との経営統合に関する公正取引委員会への事前相談の結果について」(注3)をご参照ください。
 

1.譲渡の概要
本譲渡は、ニードルコークスおよびその他関連製品の製造・販売会社であるペトコから、ニードルコークス製造・販売事業以外の事業を新設分割の手法により、新会社(以下「新設会社」)に切り出し、分割元会社の社名をペトロコークスジャパン株式会社(以下「対象会社」)へ商号変更した上で、ニードルコークス製造・販売専業会社となった対象会社の経営権を株式の大半とともに住商に譲渡する形で実行いたします。なお、新設会社については、Jエナジー水島製油所競争力強化策の一環として、これを直ちにJX日鉱日石エネルギー株式会社(以下「JXエネルギー」)(注4)の完全子会社といたします。

※譲渡するニードルコークス製造・販売事業の規模は僅少であることから、本譲渡がJXエネルギーおよび住商の業績に与える影響は軽微です。

 

2.譲渡前・譲渡後(予定)の会社概要

 

 

譲渡前の「ペトコ」の概要
(2010年6月28日現在)

譲渡後の「対象会社」の概要
(2010年10月1日予定)

(1)商号 ペトロコークス株式会社 ペトロコークスジャパン株式会社
(2)社長 黒﨑 猛(Jエナジー常務執行役員) 未定
(3)資 本 金 90百万円 同左
(4)出資比率 Jエナジー 85%、住商 15% 住商 90%、JXエネルギー 10%
(5)主要事業 ニードルコークス、燃料コークスその他副産品の製造・販売事業 ニードルコークスの製造・販売事業
(6)主要拠点 岡山県倉敷市(Jエナジー水島製油所構内) 同左(JXエネルギー水島製油所構内)

 

3.本譲渡実施日:2010年10月1日(予定)

以 上
 

(注1)ニードルコークスとは、コークス(重質油を加熱した際に残る炭素の固形物)を加熱して製造される針状(=ニードル)組織の炭素材料であり、主に製鉄業における電気炉用の電極の骨材として使用されています。

(注2)新日石と新日鉱は、本年4月1日、共同株式移転の方法により、統合持株会社であるJXホールディングス株式会社を設立し、経営統合しました。

(注3)http://www.hd.jx-group.co.jp/newsrelease/nmh/2009/091225_1334.html

(注4)新日石とJエナジーは、本年7月1日に合併し、JX日鉱日石エネルギー株式会社(本社:東京都千代田区大手町二丁目、社長:木村 康、JXホールディングス株式会社の100%子会社)となります。

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ