このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2010年08月26日
住友商事株式会社
中国住友商事会社

中国大唐集団新能源との新エネルギー分野における合作枠組協議書締結のお知らせ

住友商事株式会社(取締役社長:加藤 進、本社:東京都中央区、以下住友商事)および中国住友商事会社(社長:梶原 謙冶、本社:中国北京市)は、中国北京市にて2010年7月22日付で中国大唐集団新能源股份有限公司(以下、大唐集団新能源、注1)と新エネルギー分野における合作枠組協議書を締結しました。


今回の合作枠組協議書の締結により、住友商事および大唐集団新能源は中国内外において広く風力発電、太陽光発電、バイオマス発電、CDMプロジェクトなど新エネルギー分野全般における共同プロジェクトの開発推進を強化します。


これまでに住友商事は、大唐集団新能源、九州電力株式会社と共同で日中初の風力発電事業として、中国内蒙古自治区にて50MWの風力発電所を2009年9月より商業運転しています。 
住友商事グループは、再生可能エネルギー事業を注力分野の一つと位置付け、日本国内でのバイオマス発電事業、風力発電事業に加え、スペインでの太陽光発電事業、中国および米国での風力発電事業に取り組んでいます。中国は2009年の風力発電の年間設置容量が米国を抜き世界第一位に急成長しており、また2011年からの10年間で新エネルギー分野へ総額65兆円規模の投資を予定しており、住友商事グループとして、中国における新エネルギー分野での事業拡大を目指します。


(注1)大唐集団新能源は中国大手発電会社の一社で、中国大唐集団グループにおける新エネルギー発電事業の専門子会社として2004年9月に設立された会社です。 

 


 

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ