このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2011年04月19日
住友商事株式会社
米国住友商事会社

米国において世界最大級の風力発電プロジェクトに参画

住友商事株式会社(取締役社長:加藤 進、本社:東京都中央区)と米国住友商事会社(社長:品川 道久、本社:米国ニューヨーク)は、米国オレゴン州において世界最大級となる845MWのCaithness Shepherds Flat風力発電事業に出資参画しました。

 

同事業は米国GEグループ、伊藤忠商事グループ、米国Google社という世界的な有力グループ・企業3社と、米国大手発電開発・運営会社であるCaithness Energy社をパートナーとする共同事業です。総事業費約20億ドルを投じ、約80平方キロメートルという広大な土地に、米GE製2.5MW風力タービン338基を擁し、2012年夏の完工時点において世界最大の風力発電所となる予定です。
同事業は米国オバマ政権において再生可能エネルギーの普及促進のため策定された米国再生・再投資法ARRAに基づく助成制度、米国エネルギー省による融資保証制度、オレゴン州による助成制度などを活用しており、カリフォルニア州におけるRPS(注1)に基づきSouthern California Edison社(注2)に20年間に渡り風力発電による電力を供給します。

 

住友商事グループでは再生可能エネルギービジネスを注力分野の一つと位置付け、風力発電事業、バイオマス発電事業、太陽光発電事業を国内外で積極的に展開しています。
風力発電事業においては、国内で風力発電所2か所計36MW、世界第二位市場である米国(注3)ではテキサス州において120MWの風力発電所を、また急成長を続ける世界トップ市場である中国(注3)では内蒙古自治区において50MWの風力発電所を運営しております。
今回、米国で2か所目となるCaithness Shepherds Flat風力発電所845MWへの事業参画により、当該分野におけるポートフォリオを強固なものとし、風力発電事業のより一層の拡大を目指し積極的に展開していきます。

 

また、このたびの東北地方太平洋沖地震の影響によって国内では電力需給の逼迫が予想されています。住友商事グループは特定規模電気事業者であるサミットエナジー株式会社が保有するガス火力、バイオマス、石炭混焼および風力発電所を通じ、電力の安定供給に出来得る限りの貢献をしていく所存です。また、事業環境を見極めながら、新しい国内発電プロジェクトにも積極的に参画を検討していきます。

 

住友商事グループはこれからも再生可能エネルギービジネスを通じ、地球環境の長期的な保全に貢献していきます。

 

【Caithness Shepherds Flat風力発電所】

  • 所在地 : 米国オレゴン州
  • 開発規模: 845MW(GE製風力タービン338基)
  • 総事業費: 約20億ドル
          住友商事グループ、伊藤忠商事グループ、Google社の出資額は、合計約5億ドル。
          うち、住友商事グループの出資額は約2億ドル。
  • 完工予定: 2012年夏頃

 

(注1)RPS(Renewable Portfolio Standard):
    電力事業者に一定割合での再生可能エネルギーの使用を義務付ける法律。
(注2)Southern California Edison社  :   カリフォルニア州で約14百万人に電力供給する発電会社。
(注3)2010年末累計設備設置容量 : 世界第1位: 中国42,287MW、世界第2位: 米国40,180MW
    (参考) 日本2,304MW

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ