このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2011年08月25日
住友商事株式会社
住商アーバン開発株式会社

JR辻堂駅北口直結 大型商業施設施設名称を「Terrace Mall(テラスモール)湘南」に決定

2011年11月11日(金)11時開業、全281店舗が集積
「Cath Kidston」のカフェが世界初出店の他、注目ショップを導入

住友商事株式会社(取締役社長:加藤 進、本社:東京都中央区、以下住友商事)と住商アーバン開発株式会社(取締役社長:小久保 正明、本社:東京都中央区、以下住商アーバン開発)は、神奈川県藤沢市、JR辻堂駅北口駅前において、GICリアルエステート(シンガポール政府不動産投資公社;社長:ゴー・コック・ファット、本社:シンガポール)と共同で開発を進めている湘南地域最大級の大型商業施設の名称を 「Terrace Mall(テラスモール)湘南」に決定しました。また、開業日を2011年11月11日(金)11時とし、全281店舗を決定しましたのでお知らせします。

また、今後も住友商事株式会社とGICリアルエステートは、国内のみならず国外も視野に入れ、大規模商業施設の共同開発に取り組んでまいります。

 

■施設名称「Terrace Mall 湘南」について
 当施設は、湘南という場所と、そこに暮らす人びととの調和を第一に考え、開発を進めてまいりました。 
私たちが思い描いたのは、家の延長でありながら、外の自然も感じられ、人と人が自然に声を掛け合う「テラス」のような施設。「Terrace Mall湘南」という名前には、青く広がった空と海、吹き抜けていく風、時間や季節の移ろいといった湘南の自然がいつも身近に感じられる場所、というだけでなく、そこに集う人と人を緩やかに結びつける地域コミュニティの役割を果たしてほしい、という思いも込めています。また、施設そのものの形状もテラスを4段に重ねた段丘状のものとし、緑を多く配して、人と自然との調和に配慮しております。

 

■複数の大型店と専門店を集積した全281店舗の「都市型多核モール」
「Terrace Mall湘南」には、湘南エリアにお住まいの高感度層を中心とした幅広い世代をターゲットに、バラエティ豊かな全281店舗が集積します。日本初出店が2店舗、神奈川県初出店が36店舗あり、地域に新しい生活シーンをもたらす多彩な魅力をもった商業施設です。各フロアは、回遊性の高いサーキット構造となっており、両端には集客力のある15の核店舗(※)を配置、モールには注目の店舗が並びます。
今回発表となる店舗には、ファッション雑貨・インテリアを中心としたライフスタイル商品を取り扱う英国の「Cath Kidston(キャス・キッドソン)」が、世界初となるカフェ「Cath's Cafe」を併設し、出店します。伝統的な英国スタイルにポップな感覚を取り入れた独特の「Cath Kidston」の世界で、ティータイムをお楽しみいただけます。他にもファッション店から飲食店、サービス店、シネマコンプレックスなど個性豊かな店舗が揃い、この湘南エリアでお客様に心ゆくまでショッピングを楽しんでいただけます。周辺街区へ繋がる動線上には、湘南を感じる戸建て店舗が路面店感覚で並ぶ「湘南ヴィレッジ」や、3階には、湘南エリアの銘店の味が楽しめるフードコート「潮風キッチン」を導入するなど、地元色のある店舗の導入が決定しており、湘南らしいライフスタイルを提供します。
また、開業に先立ちオフィシャルホームページを開設しました。

オフィシャルホームページはこちら

 

※15の核店舗は、「サミットストア」、「KEYUCA」、「ユニクロ」、「H&M」、「ZARA」、「Gap/GapKids」、「無印良品」、「ロフト」、「ユザワヤ」、「スーパースポーツゼビオ」、「アカチャンホンポ」、「有隣堂」、「ノジマ」、「銀座 山野楽器」、「109シネマズ」です。

 

【参考情報】


 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ