このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2011年08月31日
住友金属工業株式会社
住友商事株式会社

SMI Amtek社での第2鍛造プレスライン設置を決定

~インドで自動車用鍛造クランクシャフト事業を拡大~

住友金属工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:友野 宏、以下、住友金属)、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:加藤 進、以下、住友商事)、Amtek Auto Limited(本社:インド共和国ニューデリー、代表:Arvind Dham、以下、Amtek) 3社の鍛造クランクシャフト製造・販売合弁会社SMI Amtek Crankshaft Private Limited(本社:インド共和国ハリアナ州ダルヘラ、代表:延吉 良介、以下、SMI Amtek)は、インドでのクランクシャフトの飛躍的な需要増に対応するため、第2鍛造プレスラインの設置を決定しました。今回の増設により、生産能力は、80万本から220万本に増大します。投資額は、10億ルピー(日本円で約19億円/1ルピー=1.9円)で、2012年11月からの稼働開始を予定しています。
住友金属は、自動車用クランクシャフトで世界の10パーセント超のシェア獲得を目指し、日本・米国・中国・インドの世界4極体制でお客様からのご要望にお応えしていきます。

 

 

1. 背景
自動車産業が急成長しているインドで、住友金属、住友商事、Amtekの3社は、自動車用鍛造クランクシャフトの製造・販売合弁会社を設立し、2010年4月から4,000トンプレスラインでの操業を開始しました。現在の第1鍛造プレスラインは、2012年後半にはフル操業となります。お客様からの要請は、第1鍛造プレスラインの生産能力を大きく上回ってきており、高まる需要に対応するため、第2鍛造プレスラインの設置を決定しました。
今回設置予定の第2鍛造プレスラインは、高速化、自動化など住友金属の最新のクランクシャフト鍛造技術を導入します。今回の増設によって、住友金属の世界での鍛造クランクシャフト生産能力は、これまでの930万本から1,070万本となります。品質、生産性の観点から、住友金属ならではの競争力あるモノづくりを行うことで、鍛造クランクシャフト分野で世界シェア10パーセント超の達成を目指します。

 

2. 第2鍛造プレスラインの投資概要
   (1) 設備  : 5,000トン高速鍛造プレスライン 1式
   (2) 投資額 : 10億ルピー(約19億円)
   (3) 生産能力: 約140万本/年
   (4) 稼働開始: 2012年11月予定

 

<参考資料>

住友金属の鍛造クランクシャフト生産体制 / SMI Amtek社の概要(273KB/PDF)

 

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ