このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2011年11月16日
住友商事株式会社

インドネシアにおける二輪車および自動車オークション事業への進出について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:加藤 進、以下住友商事)は、日本国内にて二輪車オークション事業の大手である株式会社ジャパンバイクオークション(本社:兵庫県神戸市中央区、取締役社長:西村 竜、以下JBA)および三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:飯島 彰己、以下三井物産)とともにインドネシアにおける二輪車および自動車のオークション事業を共同で開始します。

 

具体的には、すでにインドネシアにおけるオークションライセンスを取得しているPT. JBA Indonesia(本社:インドネシア ジャカルタ、社長:塩山 和宏)の第三者割当増資を引き受けることで合意し、同社を通じて11月16日よりジャカルタ市内にて二輪車オークションを開始します。

 

【第三者割当増資引き受け後のPT. JBA Indonesiaの概要】

・社      名       :PT. JBA Indonesia
・本   社      :Jl. Topaz BT No 77, Meruya Utara, Jakarta Barat 11620, Indonesia
・社   長     :塩山 和宏 ※JBAより派遣予定
・事 業 内 容   :二輪車および自動車オークション事業
・出 資 比 率   :JBA       66.0パーセント
                     住友商事グループ   14.5パーセント
                        三井物産        14.5パーセント
                        現地パートナー      5.0パーセント

・2012年取扱量  :二輪車 約2万台、自動車 約3千台 
         (数年内に二輪車6万台、自動車1万台の取扱目標)

 

インドネシアの二輪車および自動車市場は近年モータリゼーションの普及とともに急速に拡大しており、今年の販売は、二輪車で820万台、自動車で85万台を上回ることが予想され、日系メーカーがほぼ市場を独占しています。

 
その一方で、小売販売やファイナンスを始めとする二輪車および自動車の流通構造の整備は遅れており、市場の健全な持続的発展のためにも二輪車および自動車流通の近代化が急務となっています。

 

住友商事は、従来から二輪車および自動車の小売ファイナンス事業をインドネシア全土で幅広く展開しています。三井物産とともに両社のファイナンス事業に関連して発生する引き揚げ車両を中心として、オークションへの出品を現地大手ファイナンス会社およびディーラーグループから幅広く募り、日系企業の持つ信頼感をベースに日本で培ったオークション運営のノウハウ・システムを最大限に活用することで、インドネシアにおける最大手のオークション会社を目指します。

 

まずは首都ジャカルタにおいて二輪車のオークションから営業を開始し、順次、自動車のオークションを取り扱い、次いでスラバヤ、メダンなどの地方の中核都市における開催も予定しています。
尚、同オークションにおける落札価格や成約率などの中古車市況情報に関しては、現地に進出している二輪車および自動車メーカー各社に提供することを予定しており、これまで不透明であったそれらの情報が先進国と同様にメーカー各社に行き渡ることで、生産台数や卸売台数のより緻密な管理が可能となり、同国における二輪車および自動車市場の健全な発展に資するものと考えています。

 

【株式会社ジャパンバイクオークション概要】
・社     名   :株式会社ジャパンバイクオークション
・設     立   :平成18年4月
・本     社   :兵庫県神戸市中央区
・社     長   :西村 竜
・事 業 内 容  :二輪車オークション
・株     主   :(株)ユー・エス・エス(東証一部4732)     30パーセント
          (株)アイケイコーポレーション(東証二部3377) 30パーセント
          その他                                                      40パーセント

 

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ