このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2012年01月20日
住友商事株式会社

「東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」の公募について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:加藤 進、以下住友商事)は、東日本大震災により被災した地域の再生に向けた活動に参加する大学生や大学院生等のユース世代を応援するために、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」を実施します。

 

住友商事は、震災発生以降、義援金の拠出、救援物資の提供、社員による災害ボランティア活動など、人道面からさまざまな被災地復興支援に取り組んできました。そして、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」では、2012年度から5年間に亘り、年間総額50百万円から1億円の助成を行い、被災された方々の生活再建を通じた地域再生プロセスにユース世代の参加を促し、地域再生を支援するとともに、地域の将来を担うユース世代の成長を応援します。

 

このプログラムは、本日より公募を開始する「活動・研究助成」と4月に公募開始予定の
「インターンシップ・プログラム」から構成されます。
「活動・研究助成」はユース世代がチーム、サークル、グループで取り組む、あるいはユースを対象とするNPO等が取り組む地域再生へ向けた活動や調査研究を支援するもので、「インターンシップ・プログラム」は、ユース世代に被災地で活動するNPO等でのインターンシップを促すものです。また、このプログラムは、特定非営利活動法人市民社会創造ファンドとの協力のもとで実施されます。

 

住友商事は、被災地の復興・再生を願い、地域再生に向けた活動に参加するユース世代の応援を通じて、息の長い復興支援を続けていきます。


 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ