このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2012年02月29日

爽快ドラッグが3年連続「楽天・ショップ・オブ・ザ・イヤー」受賞

お客さまとの新たなコミュニケーション手段としてSNSにも注目しています

当社事業会社で日用品や健康食品などのインターネット通販を手掛ける爽快ドラッグが、日本最大級のインターネットショッピングモール楽天市場の年間ベストショップを選ぶ「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2011」で、総合グランプリを受賞しました。同賞は楽天市場に出店している約3万8,000店舗から楽天ユーザーによる人気投票のほか、売り上げなど総合評価を基に選ばれます。爽快ドラッグは総合グランプリを2009年から3年連続受賞し、医薬品・コンタクト・介護ジャンル賞でもジャンル賞ダブルイヤー賞を受賞しました。

より「いつものをおとくに」お買い求めいただけるお店を目指し、品ぞろえを拡大しています

2月2日に行われた授賞式で爽快ドラッグの加藤 誠Webグループ長は「本当に嬉しい。この一年、品ぞろえ、価格、配送と、お客さまに満足していただけるレベルを目指して、改善に改善を重ねてきたことを評価されたと感じる。来年も総合的な底上げを目指したい。」と、受賞の喜びと今後への意気込みを語りました。

爽快ドラッグは商品数8万アイテム超(2012年2月現在)と、取り扱う生活用品全般で品ぞろえを充実させており、2011年前半に開始したスマートフォンへの対応や送料無料ラインの引き下げなどのサービスとあわせ、お客さまが「いつものをおとくに」お買い求めいただける、よりいっそう利便性の高いお店となっています。
最近では、ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)を販促チャネルとしてだけではなく、お客さまとのコミュニケーションの場として注目するなど、さらなるサービス品質向上を目指した新規施策にも取り組んでいます。

ページの先頭へ