このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2012年05月21日
株式会社IHI
住友商事株式会社
株式会社東芝
CTCI Corporation

台湾向け80万kW級 大型超々臨界圧石炭火力発電所2基を受注

株式会社IHI(以下IHI、所在地:東京都江東区、社長:斎藤 保)、住友商事株式会社(以下住友商事、所在地:東京都中央区、社長:加藤 進)、株式会社東芝(以下東芝、所在地:東京都港区、社長:佐々木 則夫)は、台湾のエンジニアリング会社最大手のCTCI Corporation(以下CTCI、所在地:台湾台北市、董事長:余 俊彥)と共同で、台湾の電力会社である台湾電力公司(以下台湾電力)から、同社が台湾南部の高雄市で計画している大林(ターリン)火力発電所1号機および2号機(超々臨界圧石炭火力発電所、出力80万kW × 2基、商業運転開始時期:1号機2016年、2号機2017年)の設計・調達・建設業務を請負うEPC契約を受注しました。

 

本件は、台湾の長期電源開発計画に基づき、高雄市にある台湾電力所有の既設の大林発電所の一部を解体・撤去し、新たに各出力80万kWの超々臨界圧石炭火力発電所を2基建設するフルターンキープロジェクトです。

 

本発電所の建設で、IHIはボイラを供給するとともにコンソーシアムリーダーとして技術および商務の取りまとめを担当、住友商事および東芝は共同で蒸気タービン、発電機および付帯設備を供給し、蒸気タービン発電機周りの土木・据付工事を担当、CTCIはその他プラント補機の供給およびボイラ・その他プラント補機の土木・据付工事を担当します。

 

台湾では、今後の経済成長に伴い増大する電力需要を賄うと共に、省エネルギー化と環境負荷低減を実現すべく、発電出力単位当りのCO2排出量が亜臨界圧式よりも少ない高効率な大型の火力発電所の新設、拡張、リニューアルが複数計画されております。今回採用される超々臨界圧石炭ボイラでは、超高温・超高圧の蒸気を発生させることが可能であり、それに対応した蒸気タービン発電機を駆動させることで、発電効率を向上させます。これにより、発電時に排出されるCO2を減らすことが可能となり、環境負荷の低減に貢献します。

 

IHI、住友商事および東芝は、これまでに東南アジアを中心とした海外向けに多数の火力発電所の建設実績を有しております。各社は、引き続き、発電所建設プロジェクトに積極的に取り組んでいきます。

 

本件に関する問い合わせ先

住友商事株式会社 広報部 報道チーム

ページの先頭へ