このページの本文へ移動

当社社員が三田高校で出前授業

  • 企業研修受け入れ
  • 日本

2012年12月13日掲載

講師の小野

質疑応答は、予定時間を越えて行われました

三田高校の皆さんと講師を務めた小野

住友商事は、次世代人材の育成支援として、小学生から大学生までを対象に、さまざまなテーマで出前授業を行っています。

12月13日、東京都立三田高校が生徒の国際理解を深める目的で行っている講演会に、当社が協力し、環境・CSR部社会貢献チーム長 小野徹夫が1年生280人を前に「企業における国際貢献~企業の社会的責任とは~」について語りました。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)とは何か、またグローバル社会におけるCSRの重要性ついて、当社が世界各地で取り組んでいるさまざまな実例や、小野自身の27年間にわたる世界を舞台にしたビジネス経験を交えながら語り、活発な質疑応答を通して国際理解について考えました。

後日、生徒たちから送られた感想文には、「いろいろな国籍の人たちと仕事をする上で大切なことは、相手の立場にたって話を聞くことだという話がとても勉強になった」「企業というと、利益のみを追求するイメージがあったが、環境保全や雇用創出、食料供給といった世界的規模の問題解決を担って社会に貢献していることを知った」などと記されていました。

当社は、こうした活動を通して、将来の日本を背負う若者の成長を願っています。

ページの先頭へ