このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

次世代人材の育成支援

取り組みに対する住友商事の思い

住友商事グループは、広く社会に貢献するグローバルな企業グループとして、さまざまな国や地域において社会の持続的発展を担う次世代人材の育成を支援するため、以下のような社会貢献活動に取り組んでいます。

住友商事奨学金

開発途上にあるアジア各国の将来を担うリーダー人材の育成支援を目的に、「住友商事奨学金」を創設し、継続的に支援しています。

TOMODACHI 住友商事奨学金プログラム(アメリカ)

アメリカに交換留学生として1年間派遣される大学生を支援する「TOMODACHI 住友商事奨学金プログラム」は、グローバルな視点を持って世界を舞台に活躍する人材の育成を目指しています。

ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラを支援

「青少年の健全な育成に貢献する」という考え方に基づき、ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラの音楽活動を支援しています。

中国、ベトナムの4大学で冠講座を運営(中国、ベトナム)

中国、ベトナムの次世代を担う人材の育成を支援していくため、2006年から中国の南開大学(天津市)、清華大学(北京市)、ベトナムのハノイ国民経済大学、ハノイ外国貿易大学において当社の社名をつけた講座(冠講座)を運営しています。

冠講座のテーマは、南開大学では「企業のグローバル化とイノベーション」、清華大学では「良い組織とは」、ベトナムの2大学では「グローバル企業の企業経営」と異なりますが、いずれも中国、ベトナムの将来を担う人材育成に役立つプログラムを企画し、それぞれの講座を大学と連携しながら運営しています。講座には多数の学生が集まり、「人材育成や国際化に大いに貢献している」(天津市政府)などと各方面から高い評価をいただいています。

ダナン市での日本語教育・文化交流活動(ベトナム)

ベトナムのダナン市において、2006年10月から中学生を対象とした日本語教室を開設しました。この教室では、日本語学習にとどまらず、あやとりや折り紙などの紹介を行い、文化交流にも努めています。

雲南省貧困地区の高校生支援(中国)

近年著しい経済成長を続ける中国ですが、今なお貧困のために学業を断念しなければならない若者がいます。中国政府はこのような貧困地区を重点的に支援しており、中国外交部は1992 年からベトナムとの国境近くに位置する雲南省金平県および麻栗坡県の山岳地域において貧困救済事業に注力しています。

住友商事は、中国外交部と連携して、2008 年から同地区の高校生の就学支援に取り組んでいます。

中国人大学生の企業研修・ホームステイ受け入れ

中国日本商会(北京にある日本企業の商工会議所)の中核メンバー企業として、日本に派遣される中国人大学生の企業研修やホームステイの受け入れを行っています。

学生の企業訪問受け入れ

次世代人材の育成支援を目的として、高校生を中心に学生の企業訪問を受け入れています。

ミャンマーの小学生に制服や学用品を寄贈(ミャンマー)

アジア大洋州住友商事ヤンゴン事務所では、ミンガラドン地区の小学校に通う小学生を対象に、制服や学用品などを寄贈する取り組みを2005年から継続して行っています。

南アフリカで子どもたちの健全な成長に貢献(南アフリカ)

南アフリカの未来を担う子どもたちへの教育支援を行っています。その1つが、同国教育環境の整備・充実を目指す現地財団South African Primary Education Support Initiativeが実施する「Mobile Library Project」に対する寄付です。同財団はこれまでに、バスによる移動図書館を通じて507の小学校に本を届け、子どもたちの識字率向上に努めています。このほか、現地NGOである「Action4」や「Hannah House」による恵まれない子どもや障がい者たちのためのプロジェクトなどを支援しています。

今後は、このような社会貢献活動以外に、同国で権益を保有している鉄鉱石・マンガン・クロム鉱山事業の現地パートナーと共に、鉱山労働者とその家族を中心とした地域住民への支援活動などを通じ、同国社会の持続的発展に貢献していきたいと考えています。

コロンビア大学日本経済経営研究所の活動を支援(アメリカ)

コロンビア大学ビジネス・スクールの主要研究機関の1つとして設立された「日本経済経営研究所」は、日米の良好な関係づくりと両国のビジネス・経済の発展に貢献するため、各分野における新進気鋭の研究者を教授陣に迎え、目まぐるしく変化する世界情勢を踏まえた多彩な調査・研究・提言活動を推進しています。

米州住友商事は、1986年の同研究所設立以来、その研究活動をリード・コーポレート・スポンサーとして継続的に支援しています。
また、グローバルにビジネスを展開している住友商事グループならではの視点や情報収集力を生かし、同研究所が実施する講演会などの活動にも積極的に協力・参加しています。

今後もこうした研究に役立つ活動に協力・参加し、同研究所を支援することで、日米の良好な関係づくりと両国のビジネス・経済の発展に貢献していきます。

ページの先頭へ