このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年12月21日

マダガスカルの大統領と当社会長が面談

2017年12月6日、来日したマダガスカルのラジャオナリマンピアニナ大統領と当社会長の大森一夫が面談しました。

住友商事はマダガスカルにおいて、世界最大規模のニッケル生産事業、アンバトビー・プロジェクトに05年から参画しました。当社はこのプロジェクトを通じ、港や道路の整備や公共施設の建設、教育システムの構築支援、絶滅危惧種の生物保護など多様な取り組みを行い、同国の経済発展に寄与するだけでなく、自然環境や地域の人々との共生を考えて事業に取り組んでいます。

当社主催の昼食会には、小笠原駐マダガスカル日本大使にもご参加頂き、大統領からは今後の当社との関係について、国の誇りであるアンバトビー・プロジェクトを通じてより一層強化していきたいという期待が寄せられました。

当社主催の昼食会に参加されるラジャオナリマンピアニナ大統領(写真右から3人目)

マダガスカル政府関係者、小笠原駐マダガスカル日本大使と当社役員による記念撮影

ページの先頭へ