このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年06月08日

MPTがサポートするミャンマーの職業訓練校で第二期卒業式を実施

住友商事は、KDDI、ミャンマー国営郵便電気通信事業体 (MPT) と共同で、ミャンマーにおける通信事業を展開しています。

MPTは、ミャンマーにある職業訓練校(※1)にトレーナーを派遣し、ミャンマーの若者たちのデジタルスキル向上を目指すCSRプログラム「Digital Skills to Go Forward」を2016年9月より開始しています。

このプログラムを17年1月から3月までの間に受講した、第二期生の卒業式が5月7日にヤンゴン市内のレストランで開催され、約230人が卒業しました。今年1月には第一期生として約280人が卒業し、7月には第三期生200人超が卒業する予定です。

MPTでは、「Digital Skills to Go Forward」プログラムに関するプロモーション動画(※2)を制作しており、本動画を通じて、プログラムの認知度向上を図るとともに、未来ある若者の雇用機会の創出と、地方の情報格差改善を目指していきます。

住友商事、KDDI、MPTは、地域社会の一員として、今後も社会課題の解決に向けて取り組み、ミャンマーの通信事業の発展に貢献していきます。

※1:NLD Education Network職業訓練校
政権与党(国民民主連盟)国家顧問兼外相のアウンサンスーチー氏の指導の下、2011年よりスタートしたITリテラシー向上等を目指した無償の職業訓練校

※2:「Digital Skills to Go Forward」プログラムに関するプロモーション動画

卒業式にはモン州政府、MPTの各幹部が出席

職業訓練校では、パソコンの基礎知識や教員として必要となる基礎知識を習得できる

ノートパソコン200台とMPTのWi-Fiルーターを寄贈

ページの先頭へ