このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2017年04月04日

合金鉄工場の開所式をマレーシアで開催

2017年3月15日、当社26.64パーセント出資先であるマレーシアのマンガン系合金鉄生産会社サクラ・フェロアロイズで、アバン・ジョハリサラワク州首相をはじめとする州政府関係者や在マレーシア日本国大使館関係者、および株主・建設関係者を招待して開所式を開催しました。当日は、400人強の参加者が集まる中、当社贈呈の金色のだるまに州首相が目を入れるセレモニーが行われました。

住友商事は、南アフリカのアソマン、台湾の中国鋼鉄と共同で、マレーシアサラワク州にサクラ・フェロアロイズを設立し、2016年5月に1号炉、同年9月に2号炉でのマンガン系合金鉄の生産を開始しています。2炉とも立ち上げは順調に進み、今後年間約18万トンのマンガン系合金鉄を生産する予定です。

当社はこの事業を通じ、マンガン系合金鉄の安定供給の役割を果たし、マレーシアサラワク州における直接・間接的な雇用創出と経済成長に貢献していきます。

当社贈呈の金色のだるまにサラワク州首相が目を入れているところ

民族衣装に身を包むサクラ・フェロアロイズの従業員

ページの先頭へ