このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2016年03月11日

映画『家族はつらいよ』が3月12日に全国で公開

当社が製作に参加している映画『家族はつらいよ』が、3月12日に全国で公開されます。この作品は、還暦を過ぎて突然の離婚問題に揺れる両親と、長男夫婦、長女夫婦、次男カップルの8人が繰り広げる騒動を描いた物語です。長年連れ添った妻から唐突に離婚届を渡され慌てる夫、両親の離婚騒動の解決策を見つけようと奮闘する子ども達でしたが、やがて兄妹、それぞれの夫婦間でも不満が噴出し始め、事態は思わぬ方向へ進んでいきます。

本作は、国民的シリーズ映画『男はつらいよ』以来、20年ぶりに山田洋次監督が新たに取り組んだ喜劇作品です。監督の代表作品でもある『男はつらいよ』は、1969年から95年まで48作品が公開され、時代が変わっても色あせない永遠の喜劇として現在も多くの人に愛され続けています。

製作にあたって山田監督は、「家族というのは、厄介で、煩わしくて、無くてもよいと思うこともあるのだけれど、やはり切り捨てるわけにはいかない。そのつらさを何とか切り抜けていかねばならない、そのためにあくせく大騒ぎをする。そんな滑稽で不完全な人間を、表現したいと思いました」と語りました。

春の訪れとともに、日本中に大きな笑いと共感をお届する『家族はつらいよ』を劇場でぜひお楽しみください。

『東京家族』(2013年公開)で一家を演じた8人の主要キャストが再集結しました
Ⓒ2016「家族はつらいよ」製作委員会

「今は非常に重苦しく暗い時代。だからこそ喜劇が必要だ」という山田監督の思いから映画化に至りました

3月3日に公開直前イベントとして行われた、橋爪功さんと吉行和子さんが演じる平田夫妻の金婚式

ページの先頭へ