このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2015年05月27日

ミャンマーで商用車サービスステーションの開所式を実施

住友商事は、ミャンマーの財閥サージ・パン・アンド・アソシエイツ(SPA)グループとサミットSPAモーターズ(SSM)を設立し、同国の最大都市ヤンゴンに日野自動車の正規サービスステーションを開設しました。4月30日に開所式を行い、当日は35度を超える暑さの中、政府関係者をはじめ総勢 250人が参加しました。

このサービスステーションでは、トラックやバスに欠かせない徹底したアフターサービス全般を、技術や部品を提供する日野自動車に限らず、あらゆるメーカーの商用車を対象に行う予定です。日本でトレーニングを受けた整備士約10人を配置し、高い品質の補修やメンテナンスを行います。

当社は1950年代に、日野自動車と共にミャンマー向けのバスの輸出を始めました。ミャンマー政府の協力も受け、トラック・バスの部品生産や現地組立生産にも取り組み、88年までの30年間超で、累計2万台の車両を提供しました。当時の車両はいまだにミャンマー国内で使用されています。

開所式で、SSMの谷山隆彦社長は「ミャンマー経済にとってトラックは最重要アイテム。トラックの補修、稼動効率の改善はミャンマー経済に直結します」と語りました。今後は第二の都市マンダレーにも支店を展開してアフターサービスを提供するほか、トラックを活用した出張修理サービスなども行い、ミャンマー経済のさらなる発展に貢献していきます。

敷地面積1万2千平方メートルのサービスステーションは、ミャンマーで最大規模

ミャンマーで現在も走っている1960年代の日野のティーイー(TE)型ディーゼルトラック。ミャンマーでトラックといえば“HINO”と呼ばれるほど、日野ブランドは現在でも根強い人気を誇っている

ページの先頭へ