このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2015年03月30日

2016年度新卒採用のスペシャルセミナーを開催

当社は、3月10日に東京、18日に大阪で、2016年度新卒採用の会社説明会を開催し、合計で約2,000人の学生が参加しました。説明会では、当社社長の中村邦晴が住友商事の目指す姿や求める人材像についてメッセージを伝えた他、一橋大学大学院国際企業戦略研究科の楠木建教授による「商社で育つ人材」をテーマとした講演や、当社社員が仕事に対する思いを語るプロジェクト紹介など、学生に持ち帰ることができる学びを提供しました。

社長の中村は自身の学生時代や若手社員当時を振り返りながら、向上心を持つことの重要性や、これまで経験し乗り越えてきた数々の困難について話した他、400年続く住友の歴史についても触れ、現代まで脈々と受け継がれている事業精神を説明しました。また、求める人材像を「他社との信頼関係を築くことができる、人間力、魅力のある人」と話し、「商社の仕事の醍醐味はビジネスを創ること。興味や疑問を持ち、自ら新たなビジネスの絵を描いて実践する気概のある人、チャレンジ精神と高い志を持つ人に入社してほしい」と激励の言葉を贈りました。

プロジェクト紹介では、インドネシアで地熱発電ビジネスに携わる当社社員と会場をテレビ電話でつなぎ、プロジェクトの現場で味わう仕事のやりがいを伝えました。参加した学生からは「社長や社員の生の声を聞き、挑戦し続ける姿が格好良いと思った」「今日学んだことは、就職活動だけでなく今後の人生においても、糧となっていくはず」といった感想が寄せられました。

住友商事は引き続き、OB・OG訪問や少人数セミナーなどを通して、学生が当社と関わる機会を多くつくり、理解を深めてもらえるような採用活動を続けていきます。

東京国際フォーラムと大阪の堂島リバーフォーラムで開催

「世界は、変えられる」というコンセプトをもとに、採用活動を行っている

ページの先頭へ