このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2014年10月17日

「こだわり続けて50年」の当社住宅事業 ―「クラッシィハウス」の新CMが完成―

今年は当社が住宅事業を始めて、50年の節目。1964年から脈々と受け継がれる、住友商事のマンション事業への思いを「一邸に、尽くす。」という一言に集約して、新しいCMを制作しました。

住友商事の住宅事業は、1960年代の分譲マンション黎明期から始まり、住宅ローン制度の導入、メゾネット方式のマンション分譲事業など、さまざまな取り組みに一早くチャレンジしてきました。また、新築だけではなく、再開発事業や団地の大規模建て替え、不動産再生事業、等価交換事業にも力を入れています。

2009年には、主力の分譲マンションブランドを「CLASSY HOUSE(クラッシィハウス)」に統一。「機能と美の融合」をコンセプトに、住まう家族の歴史を一緒に紡ぎ、心と体になじんでいく住まいを追求しています。

住友商事は今後もこだわりを持った住まいを、丹念に作り続けていきます。

クラッシィハウス新CM「歴史編」(30秒)。1964年の「メゾン西宮」から、現在に至るまでに建築したマンションとともに、時代に合わせて進化してきた歴史を振り返る

クラッシィハウス新CM「眼差し編」(30秒)。マンションを作る過程の一つ一つに全力を尽くす作り手の思いがあふれる

ページの先頭へ