このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2014年07月25日

第53回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップに特別協賛

当社は、本年10月9日から12日まで開催される、「第53回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」に特別協賛します。会場は、住友商事グループのヤサト興産が保有・運営するサミットゴルフクラブ(茨城県石岡市)。この大会は、日本プロゴルフ協会が主催する、日本で最古の歴史を持つシニアツアー競技であり、シニアプロゴルファーにとっても最も権威のある公式戦です。国内や海外のさまざまなフィールドで戦ってきた50歳以上の選手たちが、シニアプロ日本一の称号を目指して戦います。

当社が初めて特別協賛した昨年の大会では、初日には青木功プロ(71歳)が年齢以下のスコアで回るエージシュートをマークし、渡辺司プロが前年覇者の室田淳プロとのプレーオフを制し5年ぶり2度目の優勝を果たすなど、熱い戦いが繰り広げられました。

また、会場内のギャラリープラザでは、東日本大震災の復興支援として、当社が三井物産と共同で活動を支援している宮城県の「気仙沼鹿折(ししおり)加工協同組合」が出店。ふかひれスープやカツオ角煮などの水産加工品を販売し、にぎわいました。

今後も当社ウェブサイトで、この大会に関する情報をお知らせしますので、ご期待ください。

今年の大会のポスター。円熟した技術を持つ選手が勢ぞろい

昨年の大会で優勝した渡辺司プロ(左)に優勝カップを贈呈する当社社長の中村邦晴(右)

気仙沼鹿折加工協同組合の商品。「目線をひとつに」を合言葉に復興に取り組んでいます。ぜひご賞味ください

ページの先頭へ