このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

2013年11月29日

メキシコ、グアナファト州のマルケス知事が当社を来訪

2013年11月22日、メキシコのグアナファト州知事、ミゲル・マルケス氏らが東京・晴海の当社本社ビルを訪れ、当社代表取締役社長の中村邦晴らと面談しました。

近年メキシコでは、自動車産業が急拡大を遂げています。中でもグアナファト州は、自動車産業の一大集積地になりつつあり、100社近い日系自動車関連メーカーが進出しています。

当社はグアナファト州において、自動車外板部品製造会社であるヒロテック・メキシコを通じ、北米でもトップレベルの品質の外板を供給することにより、10年以上にわたり日米系の自動車メーカーをサポートしてきました。また2011年にはマツダと共同で乗用車生産・エンジン組み立てを行う合弁会社を設立し、自動車車製造事業へ本格参入。現在は、2014年1月の工場稼働に向け準備を進めています。

これからも当社は、加速する自動車産業の拡大に伴い生まれる需要を取り込むべく、さらなる事業の拡大を模索していきます。

マルケス州知事(前列左)と、当社社長の中村(前列右)

「カイゼン」活動を通じて品質、生産性の向上を追求するヒロテック・メキシコの工場

来年1月の稼働を予定する、乗用車生産・エンジン組立工場

ページの先頭へ